【ゲーム】サイバーフォーミュラ ロード・トゥ・ザ・インフィニティ2


一昨日の発売日にゲットしたPS2版サイバーフォーミュラ2、
そのグランプリモードをひととおりクリア。

早速感想をばー

まず操作性、これは前作からの大幅な変更は無かったと思う。
厳密に言うと、ドリフトの挙動が少し違ったり 接触時の減速が弱くなってたり
する訳ですが、劇的な変更はナシ、前作の良い所も悪いところも
引き継いできたって印象。

ドライビング関連で一番変わったと言えるのは ブーストがゲージ制から
回数制になった事。個人的には、ブーストなんて使う場所が限られているから
どっちでもいいかなって感じ。
ただブーストを回復すべく追加されたピットワークはあっても無くても
いいような微妙な要素だと思う。 むしろグランプリモードでピットインしなくてはいけない
状況とかを再現してくれれば良かったなあ とか思う訳で、 むしろ
原作がかなりブッ飛んでるレース設定だからリアリティよりおもいっきり
ゲームゲームしたものにしちゃっても良かったんじゃないかなあと思う。
その辺の踏ん切りの悪さが中途半端さに感じるんじゃないだろうか?
でもそうすると原作の熱狂的ファンからしてみれば、やれここが違う リアルじゃない とか
ゲームを分かってない文句が飛びそうではあるけど…
キャラゲーってそのあたりの采配が難しいわなー

それで今回の演出面、 レースの部分ではエフェクトが変わってたり、
特殊ターンが再現されてたりと 前作からは確実に進化してる。
SEがまだまだイイ音や鳴らすべく音が足りて無いとかまだ手が届かない所も
あるにはあるけど、圧倒的に良くなった所のほうが多いと思う。

最後にグランプリモードの感想。
今回はしっかり原作のシナリオに沿った展開を体験出来るモードがあるって事で、
このグランプリモードに期待していました。
ぶちあけ一枚絵に説明文をちょこっと入れて、参戦機体の時期とドライバーを
合わせてるだけなんですが、ファン的にはこれだけでも前作とは比べられないほど
燃える。 正直まだまだなにかしらの原作再現が出来る余地は多く残されている
感じはしたけど、かなり良かったと思う。
特にサイバーSAGAとSINにあたる第15回と17回には燃えに燃えた、
15回は鬼の如く早いフィルに挑むのがもう面白くて面白くてたまらない、
17回は加賀で始めると 最初は時代遅れのエクスペリオンを使わされて
ハヤトにどうしても勝てない原作仕様だったり、オウガが投入されてから
トントンで、最終的にミラージュターンが使えるオウガが入ってアスラーダを
ぶち抜く快感と来たらファンにはたまらない。
新作エピソードの18回で引退した加賀が選択できて「??」な感じだったけど、
その理由が唐突で笑える。 だけど新条・加賀のアオイが好きな自分にとっては
かなり衝撃的であった… まだの方は是非 ゲットしておためしあれ。

とりあえずファンなら"買い"だ!!
ファンじゃなかったらエフゼロでも買っとけ!!
[PR]
by souka_t | 2005-08-13 19:31 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(1)
Commented by Jordan at 2007-04-05 03:00 x
nice site. for more information you can check this one http://www.vsbot.com
<< コミケ68 3日目一般参加 【ゲーム】ルナジェネシス・仰天... >>