ユーディーのアトリエ クリア感想


アトリエシリーズはイリスのアトリエのみプレイ済みで、
本作ユーディーが2本目。
イリスはふつーのRPGにすこし調合要素がある程度でしたが、
こちらはクリア目標に絡めてあるので大分調合メイン寄り。

RPG+調合要素のゲームとしてみるとそこそこ良かったです。 

初めの頃は作れるものが少ないので
ほうれん草とか敵単体にダメージを与える爆弾をひたすら製造。
このあたりは地味ながら、錬金レベルが上がるほどに完成度が
増して行くのが成長要素として良く表現されていたと思います。
しくみが分かってくると、拾う素材自体に付随する効果などを
選別していき、より強力なアイテムや武器を製造するようになって
いきます。 ここまでくると大分楽しくなってきて、お目当ての
効果がある素材を拾っては一喜一憂します。
そういう具合に調合要素はほど良く楽しいです。

反面、ゲームの本筋を展開させるためのフラグは大変不親切。
どこに行けば話しが進むのかさっぱりわからないため、
仲間を入れ替えて町々を回らなくてはなりません。
「コンラッドとかなんだこのモブくさいキャラは!」
と思った自分はコンラッドが重要フラグを握ってるとは
全く気づかず、クリスタとエスメラルダを連れて冒険者レベル45
ぐらいまで延々とフラグ探しの旅をしてました。
ファクトア神殿もまさか最重要ダンジョンとは露知らず、
「先に進むとヤケに敵が強いからクリア後もここで遊んでくれ系だろ」
と思っとりました。 しかもダンジョン構造がランダムで
場合によってはクリアに必要な書物が取れないってどーゆーことっ?
といった感じに、本筋は不親切極まりない造りです。

総合的に見ると悪くないゲームです。
素材集めは結構楽しい。



レビュー/ショーナン






[PR]
by souka_t | 2015-09-25 21:14 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
<< 2015年 月曜更新第39回 ウサギの黄金時代宣伝 >>