グラム氏によるマニュフェストテスト会で遊んだゲームの感想。
9/22のManifestDestinyテスト会で遊んだゲームの一言感想です。






■アルハンブラ
2003年の年間ゲーム大賞。タイルを配置で自分の宮殿を作っていく。ManifestDestinyの皆さんにとっては、引き運が大きいという評でした。







■カルカソンヌ
2001年の年間ゲーム大賞。簡単ルールのタイル配置ゲーム。奪い合いも起こらず平和に進行。
ここまで、ドイツゲームの経験が少ないというManfestDestinyメンバーに向けて、ScratchHouseにちなんで持って行ったドイツのタイルゲームでした。






■Scratch House
ManifestDestinyさんの2015秋の新作。ウィンチェスター・ミステリー・ハウスを作るゲーム。大浴場、プール、魔法の庭等の勝利点獲得効果に頼った屋敷を建設。序盤はよかったものの、追い上げられて2位。






■新里見八犬伝 - Eight Epics -
ManifestDestinyさんの2015秋の新作。今作のデザイナーのkuroさん、元の原作者のカナイさんらを含めた7人で、闇の軍勢を全滅させてベストエンドに到達。






■猖獗少女病
ManifestDestinyさんの2015秋の新作。カードに楔を打ち込み、正体を探るハンドマネジメント。前回は4で勝ったので、今回は7と1を狙ってみるも、あからさまだったので妨害を受けて失敗。







■寿司雀
ManifestDestinyさんの2015秋の新作。寿司ネタのセットコレクション。手札公開がなくなり、前回から大きくルールが変わっていました。






■来年春の新作(仮)
ショーナンロケッティアズ、来年春の新作。4人協力で一発成功。軽いけどこれはこれでという評価。難しさやジレンマは入れなくてもよさそうとのこと。






■新作(仮)
ショーナンロケッティアズ、今月発案の新作。2対2の正体隠匿。陣営の推測もそこそこできました。秋の新作「冷戦ペンギン」に近いプレイ感で、エヌ氏が絶賛。







■ダイスゲーム(仮)
ショーナンロケッティアズ、結構前から調整中の作品。システムの完成度は大丈夫そうです。アクションカードで1つ抜きんでて強いという指摘がありました。







■ストリートファイターライバルズ
30日に発売されるカナイセイジさんの新作。旧作「R」のリメイク。本日の締めにトーナメント戦。ケンを担当。準決勝でカナイさんのザンギエフに敗北、そのままザンギエフが決勝でポイズンを倒し優勝しました。





レビュー/グラム




[PR]
by souka_t | 2015-09-24 06:35 | ボードゲーム | Comments(0)
<< 100均 アイスキャンディーメーカー グラム氏による第10回埼玉ゲー... >>