グラム氏による6月~8月の休日に遊んだゲームの一言感想

グラム氏による6月~8月の休日に遊んだゲームの感想を掲載。




■レッド・ノベンバーを救え!
故障が頻発する潜水艦を1時間持たせる協力ゲーム。3人でプレイ。残り10分を切ったところで消火に失敗し、核ミサイルスイッチを直せずゲームオーバー。






■この町は2-4人のボクらにも狭すぎる
以前ショーナンさんのところで遊んで、後日入手したもの。小さく軽めのタイル配置ゲーム。初プレイ時は、発生する得点を数えるのがちょっと手間かも。箱のコンパクトさも良いです。





■うかい
公開されている立体駒でプレイ。雰囲気が出ます。









■ルーニークエスト
透明シートに線や点を描いてステージを進むアドベンチャーゲーム。ひとまず1ワールドをクリア。後半ステージはかなり難しそうです。







■フラットキューブ
1人用のパズルゲーム。2枚セットで移動を繰り返して、全ての色が揃うのを目指す。初クリア。






■シェフィ
1人用の名作、1000頭を目指して羊を増やすゲーム。今回は5020頭に到達。この後ポストラヴズ第一話「暗黒時代」にも挑戦、1000頭を超えて続行し2000頭で終わりました。






■トルパドゥール
ショーナンロケッティアズのあらすじ作成ツール。
妖精は見た「お姫様の元に異世界から王子様がやってきました。お姫様が杖で王子様を刺し殺すのを、家政婦の妖精は見てしまったのです」
ベタベタファンタジー「お姫様と王子様は城の地下でみつけた杖を握ると異世界にワープしてしまいました。出会った妖精が言います。『ようこそ伝説の勇者様、この世界を救ってください。』お姫様と王子様は大冒険の末に異世界に平和をもたらし、元の世界に戻れたのでした」




プレイ評/グラム




[PR]
by souka_t | 2015-08-20 07:05 | ボードゲーム | Comments(0)
<< 【グッズ】コーヒーウサギタンブラー 緑ウサギTシャツ&トートバック >>