【プラモ】ハウンドソルジャー

来週の再販ゾイドラッシュに備えて、積んであるプラモを次々と消化中。

今回の紹介はハウンドソルジャー。

旧ゾイドの末期あたりに登場した中型ゾイドで、当時は末期に相応しい物凄い
成形色が賛否の分かれる所でした。
今回のジェネシスシリーズとしてのリペイントはまさにその欠点たる
カラーリングのイメージを一新、生まれ変わったが如くの外見です。
色1つにしてもイメージというのは変わるものですねぇ


メインウエポンのクロスソーサーを展開。
難点は可動部分が普通のはめ込み式なので、動かすと摩擦で磨り減ってしまい
ヘタれてしまうんじゃないかというリスク。 まあ昔はこういうのよくあったわなー

それにしても組み立ててみて驚いたのはサイズ、
ハウンドの実物は始めて見たんで、こんなに小さいとは思わなかった。
ケーニッヒウルフぐらいあるものかと思ってたら、だいたいコマンドウルフぐらいなのねん。
それでもこのサイズで歩行と口開閉の電動ギミックが見事なので良質キットと
言えるんじゃないかな、個人的には結構気に入った。
という訳でハウンドソルジャーでした
[PR]
by souka_t | 2005-08-06 14:32 | いと模型もおかし | Comments(0)
<< 【ゲーム】3年B組金八先生 伝... もえるーむ閉館!? >>