2015年 月曜更新第27回
月曜更新です


土日全力でクリアを目指したFF9で大事件!!
なんとディスク2が2枚入ってて ディスク4が入ってなかったッ。

事の重大さはディスク4が必要になる時に無かったことに気づいた点。
最後までプレイした人ならお分かりになると思うんですが、
ディスク4て最後の最後、ラスボス戦一歩手間なんですねッ!
ラストを見届けようって時にこれですよう~
18日の会の時まぢ誰かおなしゃす ディスク4。 
今ディスク4を最も世界で必要としてる人がショーナンです!


■スーファミ先生
先週は親戚の妄想大先生にスーパーファミコンのゲームを
プレイさせてました。
私が選んだゲームは以下のとおりです

・ロックマン&フォルテ
・ぐっすんおよよ
・第四次スーパーロボット大戦
・信長の野望 武将風雲録
・ストリートファイター2



さて、JK1年の大先生がお気に召した
順番を当ててください。 かたろーぐの要領で。

答えは以下を暗転。(スマホだとどう映るんだろう)



答え
1位 第四次スーパーロボット大戦   2位 ロックマン&フォルテ
3位 ストリートファイター2  4位 ぐっすんおよよ 
5位 信長の野望 武将風雲録


元々、大先生はRPGぐらいしかやらない典型的な
横で見て楽しむ系女子だったんですが、近年自ら
RPGをやるようになったものの、それ以外のジャンルは
さっぱりだったらしく、どれも新鮮な驚きに満ちたプレイでした。
特にアクションゲームへの覚醒が凄まじく、スト2なんかは
ちゃんと波動拳を出したり竜巻旋風脚つかったり、ガイルをゲイと
罵ったりブランカのことを散々「キモイキモイ」連呼した後負けては
「ブラジルが嫌いになりましたブラジルには一生行かないと思う」
の名言を残したりと大変楽しんで昇華してました。
ロックマン&フォルテなんかは特にシリーズの中で高めの難易度を
誇るアクションゲームなのですが、これも初めは操作に苦戦しつつも
最終的にはリトライを繰り返してボスのパターンを突き詰めては
華麗に打開するようになり、敵の動きを読む思考や集中して回避する
冷静さを次第に身に着けて行きました。
初期のボス戦は相手のライフがわずかになると
「フンガッフンガッフーフー!!負けないっ負けないッ 絶対コロス!!」
と原始に退行したかのような興奮で一気に集中力が乱れ
逆転されてチュインチュインだったので、お兄さんホントこの子刃物とか
持たせちゃいけないアブナイ子かと思いました。こわいこわい。
1ボスに2~30回はリトライしてグッタリしてたロックマン&フォルテも
なんだかんだで二番手の楽しさだったそうです。動的なものはカプコン強いすな。
ぐっすんおよよはそのほのぼのっぷりと横着気味なパズル性とで
とっつきこそは良かったものの、ステージ10あたりで飽きてました。
信長に関しては毛利を選択して、家臣にいるクラスメートと同じ苗字の
武将らを宇喜多家に攻め込ませて大勝利したところで飽きてました。
宇喜多家からすれば迷惑極まりないJKですわ。内政しねえのかよっ!!

さて、堂々一位のスパロボ。
こればかりは男の子のゲームなんでちょっとばかりインストを工夫しました。
まず、このゲームの説明において
「気に入ったキャラをガンガン育てるゲーム」
と伝え、シミュレーションではなく育てゲーであることを強調しました。
次に
「原作いろいろあるけど気にしなくていいよ、ストーリーほぼ無視でも問題ないから
好きなキャラがでてくるところだけ読むといいよ」
と専門用語満載のストーリーを全否定しておき
「好きなキャラが乗ってるロボットをガンガン改造して無双するヌルゲーだから
気が向くままに遊ぶのがこのゲームにおけるお作法だよ 難しくないよ」
と締めくくり、遊ばせてみた所・・・
なぜか コウウラキ と ガウハレッシィ と エマさんがお気に入りに!

・大先生のコウ評
「なんか顔グラフィックがショタっぽくてかわいい 育てたい」

・大先生のレッシィ評
「すっごい美人!! あたしの次ぐらいに美人!! 育てるしかない」

・大先生のエマ評
「あたしに声が似てるそうだから育てておきましょう」
(14話現在まで)

そしてキャラ以上にロボットへの選り好みが激しく、
マジンガーやゲッターの昭和メカにたいしては辛らつな評価
「ださーい かっこわるーい ふるそう」
とかいいつつゲッタービームやブレストファイヤーの威力を知るや否や
スタメンには入れて、作戦的にはスーパー系を前線張らせて
咀嚼させたところへお気に入り機体で飲み込むという狡猾なプレイスタイル。
純粋なお気に入りは エルガイム ゼータガンダム ディザード。

・エルガイムの大先生評
「アイポッドみたいで未来的なデザイン・・・ えっ昭和なのこれ? うそー」

・ゼータガンダムの大先生評
「スマートフォンみたいでピシッとしたラインが美しい、
えええっこのカミーユって人キレ易いの?こわい・・・ ゼータから降ろそう」
(コウがゼータに乗り、カミーユはGディフェンサーに乗せかえられた)

・ディザード大先生評
「赤くてかわいい、でも弱いから正直売りたい」


ナガノメカに反応するあたり我が血族であることを実感しました。

予想以上にスパロボが気に入ったらしく、最初に教えたこと以外
なーんも教えなくても、精神コマンドの効率的な使い方や
マップ上の探索要素など自分でみつけてガンガンプレイに取り入れてました。
のみ込みはえーはえー、見てて楽しそうでこっちまでスパロボしたくなってくる
ほどです。



そんな具合でスーファミ体験レポートでした。
[PR]
by souka_t | 2015-07-06 08:19 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
<< ウサギの黄金時代 その1 冷戦ペンギン その1 >>