6/28 浜logで遊んだゲーム感想

人生初めての十日市場駅で下車。
今回訪れたゲーム会は神奈川県内のゲーム会でも
横浜線沿い屈指の規模を誇る浜logさんです。




■ブレインズ

会場セッティングがおちつき立卓かとおもいきや
唐突に数人でよってたかってソロプレイのブレインズ。
タイルたった6枚で遊ぶパズルで、ひたすら設問に
合わせて該当するタイルの組み合わせを探すゲーム。

一見タイル6枚しかないし物凄く単純っぽいんだけど、
レベル5ぐらいになると意外と正しい組み合わせが見つからず
あれこれタイルを回して悩ましくなるのが楽しい。
こういうのでもソロが成り立つんだなあと感心した。
さすがクニッツィア先生





■街コロ

よく聞くゲームだけどはじめてプレイ。
お金をためて建物を建てていく系のゲームで、
ダイス目が建物の数値に連動してお金を
集める効果を発揮し拡大再生産が行われる。

カードがずらーと並んでテキストがちょこちょこ書いてあると
それだけで眩暈がする自分でも、把握しやすい内容だった。
そして軽い、プレイ感は非常に軽い。
ダイスロールが楽しい。 いいゲームじゃないのっ!





■アチャコ

人が多いところにはだいたい持って行ってる
去年の話題作。握り込みによるバッティングゲーム。
インストがラクで盛り上がるしいいわー。






■ヘックメック

名作ダイスゲーム。
以前も少しやったことがあったが、どうやら間違って遊んでいたらしく
今回ようやく正しいルールでプレイできた。
終盤の所有タイル奪い合いがアツイ



■冷戦ペンギン

拙作の超ショーティー正体隠匿ゲーム。
ライフ2の通常ルールでは敵味方を見分ける観察からの攻勢。
ライフ3の上級ルールでは慎重なカード運び。
今回情報を揃えてからダブルスパイ発動という美味しい展開も見た。
ゲーム後の感想戦が大変盛り上がってました。
そろそろ完成かな。



■街コロ+ 全部入り

拡張カードを加えて2度目の街コロ。
さすがに全部入りとなると場のカードが多くなり
選択肢も増えに増える。
把握がちょっと大変になったのがネック。
でもいいゲームでした。




■ヌルボック

雄ジカが雌ジカを落とすのがテーマ?
インストではキャバクラのメスジカ嬢と立ちんぼのメスジカを
オスシカが食いまくるゲームと例えられ煩雑なルールも
スッと頭に入ってきた。まさに名インスト。
ルール自体はこのインストがなければちょっと分かりづらい
盛り具合だったが、メスジカの取り合いで大変楽しい駆け引きが
展開され、かつ軽快。たまに仕事を強要される場面で好みが
分かれそうなところを差し引いても傑作カードゲームでした。




■アンギャルド

名作と名高い2人用ゲーム。以前から気になってたものの機会に恵まれず
ようやくプレイできました。
さすがクニッツィア! 押し・退き・引きの駆け引きがアツイ。
バトルラインのようにカウンティングでの駆け引きが大事だが、
それも引き運でハズレたり、手札調整を誤ってたまたま打ったショボい手
でも決まったり、おっかなびっくりな展開が多く楽しかったです。
しかも1ラウンド短いのもいいですね。リトライしたくなる。
聞いていたとおりの2人用傑作でした。




■泥棒と乞食

これも二人用。場にいくつか自分の持ち札が公開されている所から
始まる一風変わったトリックテイキング。
公開されていない情報と公開されている情報からの判断が
楽しく、それでいてやることは純粋にトリックテイクなので
煩雑なルールは無し。シンプルで分かりやすい!!



■ウサギの黄金時代

拙作の試作版をテストしてもらいました。
ゲーム自体はちゃんと周り、細部の調整を
施すためにたくさんのご意見をいただきました。
タコさん本当にありがとうございましたっ!!
必ず良いゲームに仕上げて見せます!!




■髑髏と薔薇

これも以前からよく聞いてた傑作ブラフゲーム。
暴走族のエンブレムがアートワークで、
峠攻めやらチキンレースやらで度胸試ししてるのが
ゲームのテーマってまぢすか? ぜんぜん知らなかった。
ゲーム自体はやること単純で分かりやすいブラフゲーム
って感じでした。いいですコレ、複数人ですぐに盛り上がれる系。




■ゼロ

手札と場札を1枚交換をひたすら繰り返すゲーム。
最終的に残った手札が同じ数値5枚・同じ色5枚で0点になり、
他は負債点。
よってなにを集めるか、いかに小さい数字を手札に留めるか
などの駆け引きが重要になる。
これがまた人と思惑が重なったり妥協したりで
なかなか思うとおりに手札が揃わず歯がゆいっ
歯がゆいのでもういちどっ!!ってなる。
なかなか乙なゲームでした。




帰りはゲーム会で合流したりっちゃんご夫妻といっしょに
ココスで夕食。 内容盛りだくさんの雑談をしました。


という訳で、初浜ログでした。
今回は今まで出来なかった傑作と名高いゲームを
だいぶ消化できた感じでした!!



プレイ評/ショーナン
[PR]
by souka_t | 2015-06-29 16:23 | ボードゲーム | Comments(0)
<< グラム氏による第8回埼玉ゲーム... 2015年 月曜更新第26回 >>