ゲームマーケット2015春であったこと
■今回の登場人物■

・ショーナン
16歳。ヒストリアを現地で買おうと思いきや
直前でアマゾンでポチる。

・だんご
二児の父のような顔をしている。今回は共同出展し
親戚無双を見せ付ける。

・あらかた
ディスプレイ先生、コミティアより来る友のため奔走。

・タカダ博士
GT-R好調。頼みのシショーは鉄砲玉。

・堀場さん
今回の最重要人物。氏の絶大な影響力により
いよいよ念願の販路拡大へ大きく乗り出す。

・ちさと
ヅカファン、常にショーナンへ死を与える魔性の演劇部員

・でんぱくん
飛田展男系声真似配信者、初オフでまさかのゲムマ
元コピーバンドのボーカル。

・りつ
結婚願望が叶いいよいよ結婚。元ドラマー

・GT-Rドハマりのショタ
おい、よくみたら毎回うちでウサギ買う小僧じゃんかっ!!

・ケイさん
病を押してチョコをクール宅急便で送る才女。




5月2日、出展準備も当日の仕込も完全に終えて、
いよいよプラモでも組み立て始めると言わんばかりのヒマをもてあます
ショーナンの元に1通のメールが届く

ショーナンおじ・・・おにいちゃん、
今あたし体調を崩しちゃって安静にしているの、
だから前にあらかたさんとふうかさんに贈りたいって言った
チョコをクール宅急便で送っておいたよ。
本当は手作りしたかっけど・・・ 今体調悪くて無理みたい。
ちょっとお高めの良いのを選んだつもりだから、必ず渡しておいてね!!
ケイ


翌日、メール通りクール宅急便が届く。
すると梱包の中には甘そうなお菓子箱が2個。
そして 手紙

ショーナンおじ・・おにいちゃん、それをすぐに冷蔵庫に入れて!
辛いもの以外無頓着なあなたは、絶対にそれらを当日までに
溶かしてしまうわ!すぐに入れて!!!
ケイ


私は言われるがままそれらを冷蔵庫にしまおうと、
原住民である姉ちゃんのピザパンの作り置きを横にどかしてねじ込む。 
本当にすべての準備が終わったのはこの瞬間だった。
のこる5月4日は童心にかえってゾイドブロックスと戯れた。


5月5日当日。
前日は眠れなかったというより、童心に返ってゾイドブロックスに
戯れて疲れたせいで夕方ぐらいに寝てしまい、深夜に目覚めた。
しかたなく撮り溜めたキルラキルを消化し、夜が明ける。

キルラキル、この時まだ10話までしか見ていないが
特に面白かったのは7話か。
喧嘩部を立てて流子とマコも部活の功績で暮らしが良くなる
システムに入り、ガンガン活躍して貧乏暮らしから
みるみるうちに豪邸住まいになっていくが、加速度的に家族の絆が
崩壊していく話である。
単純にマコ一家のビジュアルがどんどんゴージャスになっていく
点を追うだけでも可笑しく、まさかのマコの極征服登場や、
昭和アニメのような1話に凝縮した教訓話展開、
終には次回への引きである総選挙を開始する!といった感じに
大変見所が多い。

アニメの感想で脱線したので巻いて、当日
ビックサイト到着。



写真ではちょうど真後ろになってしまのだが、
世界のうどん展とかなんとかのうどんイベントのために
設営が行われており、いつもとちょっと違ったお祭り前ムード。
まだ早朝であってかうどん店は稼動していなかったが、
イベントの帰りやらに食うならやぶさかではなかった、
むしろ食いたいとすら思った。
このため、この日一日は 「ああうどんくいてえ うどんくいてえ」
とずっと思い続けるが、
とりあえずコンビニより列が少ないマックでエッグマフィンを2つ。
ああでもうどんくいてえうどんくいてえ。



待ち合わせ場所で待機。
今回はだんごとあらかたさんを呼びチケット3枚フル配布。
コミケ活動時代チケットは必ず1、2枚余らし、
何度、ヤフオクで流せば出展費は回収できる・・・ と
邪な誘いに乗りそうになったことか。
チケットが余るというのは心情的によろしくない。

エッグマフィンをついばみながら
いつもとは違ったものものしい列を横目に、
ああやっぱうどんがくいてえうどんがくいてえ
と念仏のように頭の中で唱えていると
あまりに胃がうどんを求め、2つ目のエッグマフィンを受け付けない。
しまった、今日は容赦なくうどんだ。

そこへあらかたさんが到着。

「おはようございますー」

「やあ、おひさしぶりです、だんごのやつはまだきてねえですわ」
「ところで朝食はもう取りましたか?」

「まだですー」

「ああ、それじゃあこいつをどうぞ」

「わあやさしー いただきますー」

うまいことエッグマフィンを処理するとだんごが到着。

「おはようございます」

相変わらず二児の父のような人の良さそうなスマイルだが、
そんなことよりうどんがくいたいで頭がいっぱいだった。
うどん うどん うどん

あ、そうそう ちゃんとこの時チョコ箱わたしといたからねケイさん!!

時間になったので3人仲良く入場。


今回一番の謎とされた隣のアンキモさんは辞退。
だんごにして
「俺たちきもいやつらに当ててきたからアンキモですよ!アンチキモイ!!
挑戦的で気になりますね!ゲーム買うしかないですこれは!!」
と事前から期待でいっぱいだったが、よもやの辞退。ざんねん


ここから設営開始、事前にディスプレイを練りに練ったあらかたさんの出番である。

これが


こうなる。
左がショーナン 右がロッカクどんごという構成になっている。
もはやジップロックを積んで売る闇市スタイルは見る影もなく、
野郎では到底成し得ない華やかなディスプレイとなっていた。


そして今回も朝の訓示。
もうこの風習やめようぜの声もあるが
第一回より続いた伝統である。正直ネタに困ってる感は否めない。

そうこうしてるうちにサークル間の朝の挨拶周り。
楠本舗さん
机上の貴族さん
プリントゲームズさん
植民地戦争さん
かぶけんさん
他もろもろ
今回は名刺交換も頻繁に行われた。

中でもゲムマニューカマーにして
だんごの親戚であるプリントゲームズさんは
WinGo という印刷やコマ製造を取り扱う生産工場の
代理店をされており、今後大量生産の際には選択肢の
一つとなりえるほどのお値段設定でした。チェキ。



超ギリギリファイターで定評があったタカダ博士とその教え子シショーこと
テレキネシスゲームズ到着。
今回はダンボール戦記のライディングアーマーを改造して
1つのロボットに作り変えた力作をもって登場。
今回コレがかなり目を引き、ロボっ子たちのギャラリーをつくるほどでした!


そんなタカダ博士よりカライ差し入れをもらう。
これが良い具合にカライ! 元気百倍。



ここで今回第一の仕込が公開される。
1年前、りっちゃんの結婚願望をサポートするために
宗氏を盟主として発足された「りっちゃんを幸せにしようの会」、
通称RSSKの会員である我々が驚愕した突然のりっちゃんご入籍報道!
はやいっ あと3年は先と思っていたシナリオが
巻きで展開されたため、委員会は凍結していたNO.4計画の急造を
発令。これこそがっ ウサギの本2の最後の謎とされた4番目のワークス。


「というわけで、おまえ今回ほぼほぼなにもしてねーんだから
コレりっちゃんに渡しとけ」

タカダせんべいにむせ返るだんごに強く迫るショーナン。

「えー 自分でわたしてくださいよーそういうのはー」

「そーですよーショーナンさんちゃんと自分で渡さないとダメですよー」

二人して逆に攻め寄る

「いや、てれくせえだろう、そーゆーキャラじゃねんだよこちとら!!!」

そこへ、私は南国育ちのセバスチャンとでもいいたげな
微妙にフォーマルな格好をしているいおさんが現れる。

「いーところにきた! 今回イリクンデはフルメンバーなの?」

「全員いますよ」

「ああ、そいじゃこいつたのむよ わたしといてー」

「いや、ダメでしょ これショーナンさんが渡さないと」

「まじか~」

今カレのいおさんに言われてはさすがの
ショーナンもぐうのねも出なかった。




更に第二の仕込が公開される。
怒涛の隣人グッズ展開。
写真はあらかたんグラフィグであるが、この他にしおり、だんごしおり。
更に今回ラストに出す記念シャドーボックスも含まれる。


鉄郎、男は時として振り返らなくてはならない時がある。
作品を作りより多くの人に見せ、知ってもらうことはもちろん大事なことだ。
だが、時として遠くを見るのを一度やめ、周りを振り返ると
新たな発見をすることもある、それが創作の糧となることもある。

とキャプテンハーロックばりに超かっこうよく
行き詰まり気味のだんごを諭すつもりだったが、
だんごはというと

「うひょー 前日に連絡があった俺の親戚まぢガチ勢っす!!!
なんか3500円もする大物を出展してるっす!!
まぢのボードゲーム作ってるでやんすっ!!」

と、もう取り付く島もない。

そうこうしているうちにゲームマーケット開始。
みるみるうちに会場が人で埋まる。
前評判のくだものあつめとココノッツ他多数の人気コンテンツを抱える
かぶけんさんところに長蛇の列!! すごい!!


我々はというと、
妙にだんごの予約者回収率高し。
普段うちだとだいたい午後になるかならないかぐらいから
予約者がぼちぼち回収にやってきますが、なんだろう
午前から序盤からだんごなぜか頻繁だった。 ううん??



昼頃、前日うちの姉ちゃんにつくってもらったホットケーキを
分け与えながら食らう。

「あめえっ あめえなあ あまったりいんだよいつもいつもよおっ!!!」

味付けの甘さにイラだつカラ党16歳。




「これ ショーナンさんに」

突然現れたふうかさんにブートジョロキュアをいただく、
うひょうー!! だいこうぶつっ
しかもボーハンザのキーホルダーまでっ なにげにこっちもすげえ
ユーロ土産きたこれ!
更にじゃむたんさんから特性のミープルも見せてもらった。
写真とりわすれたー><
この時にちゃんとチョコ箱をふうかさんにわたしときましたよっケイさん!!


昼さがり。

共に持ち込み数はそれほどでもなかったが
消化率はかなり好調だった。特にだんごのバトルクは
ちょい追い風があってかほぼほぼはけている状態。
諸サークルもまったりモードになったのを見越し、
あらかたさんが予約品の回収に出た。

「おいだんご、もしこれがいつもどおり闇市スタイルじゃ
こうはいかなかったぞ」

「まったくですよ ほんとに」

「そこでだが、どうだ、俺ら二人で大箱のボードを使うゲームを
プレゼントするってのは」

「いいですね!」

「大箱だと確かドミニオンもっていると言ってたが、
たぶん最近買い揃えてるのもカードメインの品が大半と思われる」
「やはりボードゲームの醍醐味はボードあってこそだ、
定期的に3~4人で遊ぶようになりゃあそりゃもう一党だ、
そうなりゃ1つぐらいそういう大箱がないと格好つかんだろう」

「いいですよう 二千円づつぐらいでいきましょうよ」

「よおし、なにがいいかな」

「この前やってプレイ感も軽くて面白かった八分間帝国とかどうですか」

「いいねえ、それでいこうぜ、いないうちにすぐさま買ってくるぜ」
「ってしまったー カタログもっていってるじゃん どこよーショップブース」

「隣のシショーくんに見せてもらいましょう」
「アークライトとかはこことここ入り口あたりみたいですよ」

「ようし行ってくるわー」

私は早足でアークライトブースへと向かった
そこでは新作のプロモが行われていて、
狂王ルートヴィヒの城ことノイッシュバレンタイン城が
7月発売との告知を見た。 むむむ 意外と早い。
そーじゃなくて、例のブツをさがさなくちゃと更に隣の物販を探がすと、
それが全然見つからない あれれ ないのかな。

しかたなく一度ブースに帰ろうとすると
何者かに背中を押される

「ショーナンさーん」

振り返るとこともあろうかあらかたさんだった!
これはマズイ、完全に不意を付かれた展開。
何か聞かれてはとっさに答えられんと思い
独孤求敗の独孤九剣の理屈に習い先の先を常にとる
攻めの手こそが最大の防御。

「おー もう予約したところ回りきったんですかー?」

瞬間的になんとか立て直した。

「まだですー まだ回るところがいくつかー」

「おおー」

そういった刹那、そそくさと中古ブースの方に早足で退いた。



たまたま立ち寄った中古ブースでついつい
私好みな一品をみつけて購入。海賊組合。

「なにかってきてんすかー」

「いや、こいつは俺の私物だ、とりあえずアークライトになかったわー
ホビージャパンだっけあれ?」

「かもしれないですね」

「ちょっと真後ろのホビージャパンブースみてくるわー」

そう言って見に行っても八分帝国は無かった。
(あとあと調べたがホビージャパンから日本語版発売が正解)

またブースに帰ると既にあらかたさんが戻っていた。
俺が指で小さく×を作りシークレットサインをだんごに飛ばすと
だんごも納得したように、返す二千円を受け取る。

「ちょっとすごろくや見てハバってくるわ」

だんごもその意味を汲んだように

「いってらっしゃい」

と私を見送る。
困った時のHABA、なにかしらボードを使うHABAはないものかと
すごろくやを嘗め回すように物色したが、どうもイマイチだった
タイルやチップじゃあだめなんだボードだよ ボードを使うハバをお求めだよ!!
焦りが隠せなくなるほど歯軋りをしていると、すごろくゆの隣の
あるノボリ旗が目につく

「これだ」

すぐさまブースに戻り、私はうちはサスケばりに複雑な印を結び
シークレットサインをだんごに送る
カ・タ・ン・モ・ウ・プ・レ・イ・シ・タ・カ・キ・ケ

「カタンは一度やってみたいんですよねー インスト難しいってききましたけどぉー」

だんごと目を合わせお互い親指を立てOKのサインを出し合った。

私はすぐさますごろくやブースの隣へむかい、
超特価中のキャリーカタンを購入しブースに戻る。

「こいつは俺とだんごからだ、くれてやるから存分に遊べッ」

「わあありがとうございますー」


しかしながら、物凄くちゃんとしたキャリーケースと
ややミニサイズながらちゃんとした印刷物と厚紙カードやチップ
がじゃらじゃらついて1000円ってめちゃくちゃ安いよな。
ドイツゲーム最近ハマりましたって言う人、もっともっとカタン買っても
いいと思うよ。楽しいよカタン。和気藹々とやる中でだんごだけ交渉から
ハブる瞬間とか最高にスネオ楽しいよカタン。





りっちゃんがついに現れたので記念品を受け渡す。
まぶしいっ まぶしすぎるよっ!!!
末永くお幸せにねっ!!
RSSKはこの受け渡しによって解散。
これからは新団体「宗を幸せにしよう会」MSSKが発足されます!


そうこうしていると、
一人の美少女がブースの前に止まりおもむろに

「予約していたちさとと言います」

「おまえかーーー!!! ちさとかーーッッ!!」
「俺がッ ショーナンだっ!!」

第一声が"おまえかー"とか初対面とは到底思えないやりとり。
この小娘こそが、私がツイキャスで発掘したじょしこーこーせーヅカファン
という昨今なかなか見ないレアキャラ。
コメントで いい声してますね!と書けば
「ショーナン死ね」
花澤かなちゃんの歌声に似てますね!と書けば
「ショーナン死ね」
ぼくハプスブルクの宝剣をやってたころの星組ファンです!と書けば
「ショーナン死ね」
と常にショーナンを殺戮たらしめてきたこの女、
いったいぜんたいどんな意地の悪い顔してやがるかっ!!
と思って今日という日を楽しみにしていたが、
あろうことか美少女、
あろうことか眼鏡っ娘、
まったく意地の悪い面構えじゃねえっ ざんねん!!!とてもざんねん!!!

「よくきたなーちさとーッ!! どうよ言った通りショーナンさん美少年だろ!!」

「ま、まあ美"少年"かはともかく・・・イケメン、かな」

「だろーうっ 16歳にしか見えねえだろうー!!!」

「は、はあ?」

「まー、まさかほんとに来るとはなっ よくきたちさと、
約束どおりしおりをプレゼントしてやんよー 選びなッ!!」

この変なテンションに多少困惑していたが、
予約していたウサギのタロットは無事受け渡された。
ざんねん!!美少女だった!!


意地が悪そうなヅカファンじょしこーせーでなくて
とてもざんねんがっていたところに
堀場さんが現れる。

「ショーナンさん今いいですか、例のa-gameの件で」

そして堀場さんにa-gameのブースに案内され、
a-gameの店長(?)さんを交えて三者面談。

「こちら、ショーナンロケッティアズのショーナンさんという方で
a-gameさんのほうで作品の取り扱いをお願いしたいとのことで」

「ああ 堀場さんのご紹介なら間違いないです」

といった具合にトントン拍子に話が運んだ。
すごすぎる。本当にありがとうございました。
この機会、必ずや活かします!!!!




午後になると入場無料になり客層が少し入れ替わる。
写真はウサギのタロットを買ってくれた女子のスマホケース
「おおさんしょううおさん」 めさくさかわいい。
私もこんな生物になりたい。




だんごの豊満なバストをヘスティる!
だんごエロい!!


もうだいぶ終わりに近づいたので、
最後のネタを投下。
今日の出展を記念して製作したシャドーボックスの裏に
三人で添え書き。楽しかった!!いい出展だった!!


最後の最後に、
キャス配信者のカミーユの声真似で定評があるでんぱくんが登場。
「そこかい!逃がさない!そこのMP!一方的に殴られる、痛さと怖さを教えてやろうか!」

生で聞いても飛田声だった すげー、
そしてかなり細身のガチイケメンなのがまぢでビビった、
おまえマヂに顔出し配信やっとけ!!! ぜってーモテるから
俺女だったらオフパコ希望するわー。


でんぱくんを連れて会場を出る。
そしてようやくうどんにありつける!
もうーでんぱくんのセンスに任せてうどん買わせに行かせたから
どんなおうどん選んでくるかワクワクもんですよ。
そしたらカレったら納豆が入ってる濃厚なおうどんもってきました。
俺の乙女心よくわかってるーう うめえ まぢうめえよこれ!!
うどんラーブ 麺ラーーブ!!!

そこで解散。





家に帰りあらかたさんからもらったお土産を開封すると、
中はなんとブートジョロキュア!!
添え書きがちょーー凝ってる!!
まぢあざっす だいこうぶつです

あれ、なにか既視感




ふうかさんのお土産とダダ被りじゃねーかッ!!!!
びっくりやでこれー


秋に続く
[PR]
by souka_t | 2015-05-06 09:59 | ボードゲーム | Comments(0)
<< GM直後会でプレイしたゲーム 2015年 月曜更新第18回 >>