テレキネシスゲームズゲーム会で遊んだゲーム
グラム氏が先日のテレキネシスゲーム会でプレイしたゲームの感想です。




■キングオブトーキョー
怪獣となって東京に上陸し、勝利点(怪獣としての格)を一定以上にするか、
他の怪獣を全滅させるゲーム。基本セットの最大人数6人にて。巨大頭脳を
得た大猿怪獣が勝利点を稼いで勝利となりました。
劇的シーンは、三匹の怪獣を一度に倒したエイリアノイドの一撃。




■ノッティンガムのシェリフ
シェリフの監視の目を抜けて商品を輸送。禁制品を持ち込むと利益が
上げられますが、シェリフに検品されると没収に加えて罰金を払います。
賄賂や口約束が横行し、嘘をつかないプレイで正当に稼ぐのでは3位止まりでした。



■いおさんのカードゲーム(タイトル未確認)
いおさんの開発中ゲーム。7スート7枚ずつで、複数の遊び方ができる
カードゲームだそうです。2枚で7の倍数を作ると獲得できるルールをテストプレイ。




■キャトリコラ
家畜をミューティレーションするゲーム。
動物を吸い上げるアクションが楽しい。捕えた家畜の種類や順番、
並べ方で得点が決まるので、どこの動物を狙うかかなり悩みます。



■GTR(ガッタイロボ)
タカダ博士の開発中ゲーム。3人が息を合わせて頭部・胴部・脚部を選び、
状況に応じた合体形態を目指す協力ゲーム。ゴーバスターズの、
初合体に苦戦する話を思い出しました。




■ロストレガシー終焉の巫女
いおさんの開発中ゲーム。時間を巻き戻す失われた遺産を前に、
ループから抜け出す協力ロストレガシー。カード16枚ながらループする
世界を体験できて良いです。発売予定がないそうなのが残念。



■6つ子7組
だんごさんの開発中ゲーム。スートか数を条件として、
3枚以上の組み合わせを自分の前に作ります。タカダ博士やいおさんから
多くのアイデアが出てました。



ゲームプレイ評/グラム
[PR]
by souka_t | 2015-02-24 09:24 | ボードゲーム | Comments(0)
<< カタログ画像入稿 2015年 月曜更新第08回 >>