屋台のヘンテコハンドガン
昨日は地元腰越のお祭りでした。

年々規模が縮小して行き、衰退の一途が視覚的に実感でき切ない昨今ですが。
今年は大河ドラマ「義経」もあってか、義経ゆかりの地なりに出し物に気合入れてた
といった印象。
でもまあマイナーな祭りなので、同時期に開催されている平塚七夕祭りとは
雲泥の差なのがまた切ないところ。

さて、ここ数年で祭りの屋台クジに変化が。
昔はプラモデルとかフエとか ピューっと伸びる変な紙棒とかが主流だったんですが、
最近は何やらエアガンが主流の様子。
1回300円のクジで ビリの5等であっても1丁のハンドガンがゲット出来る!
そこでガンマニアの筆者としても気になる品質を調査するため1回挑戦。


「FOCEGUN」のメイドインチャイナ調なロゴが眩しい5等の1丁をチョイス!

まずこのガンの名前が何なのか、パッケージ情報からさっぱり分からないのがクール。


本体。

ジグザウエルのガッチリ具合をそのままスケールダウンした感じがクール。
ストッパーやハンマーがさすがに値段相応に固定なのもクール。



パッケージに1/1スケールと表記してあるのにこの大きさなのがクール。



マガジンは意外とまとめなのがまたクール。


試射してみた感じ、そこそこパワーはあるみたい。
ホップはなさげなので飛距離はBB弾の重さにもよるけど かなり短め。
でもこのサイズでしっかり飛ぶというところにちょっと魅力を感じる不思議な一品、
そりゃまあ国産メーカーのP230とかには遠く及びませんが、冷静に考えると
300円の品です。そんなもんです。

と言う訳で屋台でゲットしたヘンテコハンドガンでしたー
[PR]
by souka_t | 2005-07-11 07:43 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
<< 【ゲーム】みんな大好き塊魂 クリア! 【ゲーム】SDガンダム・ジージ... >>