2014年 月曜更新 第50回
月曜です。

一週間寝たり食ったりの超自堕落療養で
だいぶ水疱瘡から回復してきました。
赤いブツブツもうすーくなってきて、一番懸念してた
跡が残ることもそんなに酷いことにはならなそう。
年越しゲーム会にはなんとか参加できそうです。



■文章の話

ブログ10年同人15年以上ともなると、年に数通、読者やユーザーから
メールを頂くことがあります。本当にありがたいこってす。
だいたい感想やご意見は長い文章を書き綴って送られてきて、
一字一句逃さず目を通し、しっかり記念フォルダに移し保管してます。
そういった誰かが書いてくれた長い文章というものが私は大好きで、
一読した後に、「ああこの人はこんなにも私のために時間をかけて文章
を考え伝えてくれるんだな、なんていい人なんだろう」と、想いに耽る
事もあります。文体はどんなものでも、長く書かれた文章というものには
それほどの魅力があると私は思うのです。
ふと最近思ったのは、スカイプやラインなどをどうしても受け容れられない
理由の1つにそれもあるのかなということです。それは、
簡単に手早く言霊をぶつけあう無駄に消費だけが早いツールという見方です。
連絡用に短文を送りあうには最適でしょうけど、それとはまた別の話です。

昨今は、なにかを伝えるのがヘタな人が増えたというのが個人的な見解なんですが、
その最たるものが文章だと思うのです。
えらく省略した文章でコミニュケーションを取ろうとする人って増えたと
思いませんか? これって本を読まなくなった人が増えたとかいう話と直結する
現象と思っていたんですが、意外とそうではないようで、結構な読書家の人も
こういった傾向を見るんです。 

ここからは自説ですが、
自発的にアウトプットする機会が少ないからなのではないでしょうか。
作文・感想・論文と、学業に於いてはそれなりに機会があると思うのですが、
それすらも作業となってしまい、自身の文書力、いや、表現力や伝える能力の
向上に繋がっていないとする説です。
スマホとかの普及で"短文でだべる機会"は急増したと思われるのですが、
日記のようにその日あったことを鮮明に伝えたり、思ったことを事細かに
書き綴ったり、そういったことをする機会というか、継続する信念の欠如が
感じられます。三日坊主ってやつです。
あるでしょう?すぐ飽きたであろう3つ4つの記事だけで1年放置したブログ、
そういうのです。 やってみよう→やってみた→飽きたやめ 
勢いだけの循環です。
スマホで世界中の文献にアクセスしてインプットだけが異常に進み、
インプットの中から何かを提起したり考察したりするアウトプットの表現が
疎かになる世代が量産されるのかなと私懸念します。
スマホスマホと一定の層叩きのようになりましたが、ググって物事を
済まそうとする層全体に言及です。

これはボードゲームのマニュアル書きにも言えることで、
自分もなかなかどうして文章を駆使して物事を伝えるという行為の
難しさを日々実感している次第であります。
マニュアル作りって学校の授業に取り入れればいんじゃないかな
って思うことってありません? 自分は超あります。

ところで、その繋がりで"声優ラジオがやっぱりおもしろいね"
っていう話が昨今自分の中で盛り上がってます。
声優ラジオというのはアニラジの一種ですが、
特定のアニメの販促のラジオという括りのそれではなく、
一個人の声優がやってるラジオを指します。
アニメタイトル関係ないやつです。
なにが面白いかと言えば、"オープンニングトーク"です。
だいたいその週間や数日中にあった話をする近況報告のコーナー
なのですが、これがなんか異常に面白く感じるんですよね。
素人の配信やボットキャストでもそこそこ上手い近況トーク
もあるんですけど、そこはやっぱりプロには遠く及ばないと
感じるところなのです。無論、全て台本である可能性も加味しての
面白さです。 もし全てが台本ならば、その書き手は見事という他
ないではないですか。そう感じさせないでトークする声優の技量も
も見事。やはりそこはプロの一線という訳です。伝える力ということです。

みなさんも特定の声優ラジオの「オープニングトーク」に着目してみてください。
私のイチオシは津田のラジオ「っだー!!」です。
[PR]
by souka_t | 2014-12-15 08:17 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
<< 【ガンプラ】BB戦士ストライク... 自作応援オビ >>