ラインスタンプを販売してみて
ラインスタンプ・ショーナンウサギ青
ラインスタンプ・ショーナンウサギ赤
ラインスタンプ・ショーナンウサギ黄
ラインスタンプ・ショーナンウサギ緑

今年、4種類のラインスタンプを公開してきました。
1つの公開もままならず数ヶ月も待っている人が星の数ほどいるので、
運が良いと言えば運が良い、要領が良いといえば要領が良い部類
のスタンプクリエイターと言えるでしょう。

さて、公開してみてどうか?と言われると、
正直ウマ味はさっぱりなかったです、バッサリ言わせていただきますが、
これからやろうと思ってる人は「やらんほうがいい」です。
40個ものスタンプを用意するのは徒労の他のなにものでもないです。
元より名声がおありならば多少はオススメできますが、
たぶんそれほどの名声がある人なら、デジタルで漫画ないしイラスト集を
DMMでダウンロード販売した方が全然儲かります。
自分で使う用のスタンプを登録したいって人にもオススメできません。
よほど要領良くやらないとラインスタンプ運営の対応に苛立ちを覚えるだけの
日々を送ることでしょう。

ラインスタンプ登録をおすすめできない理由を思いつく順に箇条書きします。

■登録前編
・登録受け付けからチェックの間が長過ぎる。
・リジェクト(なんらかの不適切なスタンプが弾かれる)から再チェックまで長い。
・全てにおいて進行度が不透明であるためひたすら待たされる。 しかも月単位
・PNG-24透過の方式しか透過が有効にならない。日常的にWEB用保存
 でもしてないと気づかない。当初その注意書きは一切無かった。
・外国語用の説明文の文法にうるさい。 (中文はザルっぽい)

■登録完了後
・販売開始後一切のプッシュは無い、よって全ては自分の宣伝力に依存する。
・登録後の画像修正は一切受け付けない。(リサイズ要請も通らなかった)
・スタンプ1セット100円のうち50円が取り分だが、まず100円で買うユーザー
 が希であり、なんらかの割引で購入するため50円まるまる入ることは少ない。
・売り上げ取り分10000円を超えないと振り込まれない。もちろん1個50円の取り分で
 200個売れれば無事現金化「ではない」。前述通り割引ユーザー山盛りであるため
 実質300~400個を売る必要がある。 無論そのための販促プッシュは
 ライン側からは一切無い。
・ツイッターなどでスタンプ登録者の相互フォローが頻繁に行われているが、
 スタンプ制作者同士しか見ていないため販売効果は皆無である。


ネタに走れば売れるとも言われてますが、
それも今のうちでしょう。
日々増え続けてるのでどんどん埋もれていきますから、
結局のところ当人の宣伝力やらブランド力次第です。
スタンプ登録すればとりあえず売れるだろうと思ってるのなら
やめとくことをオススメします。 登録までも相当めんどうくさいですが、
登録後いかに埋もれないよう宣伝する努力のほうが倍は面倒です。
よほど自分で作ったものを広める能力に長けてる人にしかオススメできません。
むしろそういった能力に長けてる人なら1冊本を描いて売るほうが有意義で
リターンも多いことでしょう。
[PR]
by souka_t | 2014-12-10 18:41 | 同人ゲーム制作 | Comments(0)
<< スクールパンチシリーズ・4人の刑事 【アニメ】凪のあすから感想 >>