ショーナンブログ10周年記念 りっちゃん宅会
久方ぶりのゲーム会です。
ショーナンブログ10周年記念のりっちゃん宅ゲーム会!
 



これらが持ち込まれたゲーム群。
ゲムマの新作や既作にレトロなゲームまで
多種多様の品揃え。



■4人の刑事

開幕ゲームは、先日わたしがフリまで救済してきた
スクールパンチシリーズ・4人の刑事。
開幕は奇抜なゲームを出すのがお約束となりつつあり、
今回はかなり年季の入ったレトロゲームの登場となりました。


ゲーム内容を言うなれば桃太郎電鉄。
目標カードの記載地をひたすらダイスロールで目指す!
お邪魔要素アリ、目的地での犯人との攻防アリ、
なかなか乙なゲームでございましたっ。



■ダンジョンオブマンダム

渋いやつから一転して笑えるやつやろうということでマンダム。
いかにいいタイミングで抜けるかが楽しいが、
踏みとどまってダンジョンを攻略した瞬間が一番恍惚としている。
今回はその両面の楽しさをいかんなく発揮されていた。



面白かったのでリピート。
モンスターを配置して次の手番で特攻アイテムを処分して
したり顔で自分の手番を待ってたらみんな抜けてた
なんてことが多々ある。
うまく悪さをしたいっ、そんないたづら子猫ちゃん心を
大いに刺激する良作だ。



■8トランプ(仮)

正午組送迎のために一旦会場が三人になったので、
ここでしらすちゃんの中の人が考案したトランプゲームをテストプレイ。
超単純かつハイテンポなトリックテイキングに分類されるゲームで、
新機軸の協調要素が面白い。 3人で何度もローテし細かい改良案を
出しさらに展開の早いゲームとして現地で再構築。
なかなか掴みが良かったので今後の発展が楽しみです。
間に合えば来年の春ゲムマで披露できるかなー



ここから 今回話題だったポストカードゲームを遊び倒す。






いろいろやったー。
斬新さにおいては「平衡感覚ビーチバレー」
いったいどうやってこの発想に行き着いたのか議論となるほどの
ぶっちぎりな斬新アクション。
ポストカードゲームにおいてオハジキゲームは今後これが
スタンダードとして語られるであろう「ハジキュー」。
などなどどれも一癖二癖あって面白かったです。



■ACHACO

ゲムマであらかたさんに選んでもらった1品。
今回コレが大変盛り上がり、今日一の声もあったほど!
ルールは3分で説明可能なにぎりこみバッティングゲーム。
ダイスの目にあわせたおはじきをいかに他人と協調して出すかが楽しい。


これまたリピート。
最多得点者が何を出すか宣言するルールが
意外な面白さを生んでました。
場の注目を集める親方役のプレーヤーはかなりおいしい!

ACHACO、誰とでも楽しく出来そうな傑作でしたっ




■ギルティブロッサム

ウノのようにカードを出して手番を回し、
誰かの手札をなくして上がらせるゲーム。
ダメージとカルマ的な全体のパラメータが存在し、
それらが一定数蓄積するとゲームオーバー。
1プレイ目はかなりキツキツで 無理ゲーかと思われた


2プレイ目。
ちゃんと話し合うと誰を上がらせて誰のカードがパンクする前に
飛ばすかなど、多々協調どころが見えてくる。
カード効果での蓄積をうまくコントロールしなんとかクリアできましたー。



■乏月百物語

怪談話するゲーム?
ずらーと円陣にならべられたキャラクターに
カードを仕込んで行き、自分の担当キャラの点を上手く
伸ばしていくゲーム。
最終ラウンドまでキャラを生存させながら
最終的にうまく処分しないとマイナスになるという部分が
いやらしくて面白い。 



ここで鍋タイム。
今回もりっちゃんの女子力が爆発したギョーザ鍋を披露!!


シメのメンも早々と投入。
がっつり食べて、中盤戦にむけての士気が高まりました。



■Q.E.D

5つのホワイトダイスの出目を四則演算子し
黒いダイス目の解に合わせる。
早く回答したもの勝ち。
数字いぢりのセンスが問われるゲームで、
圧倒的なスピードでダンゴ氏勝利。
氏の今日一番のドヤ顔でした



■パニックハイスクール

え?旧版。
そう、元祖パニハイなのだ!


パニハイ初プレイをしてみました。
ルールを聞いて当初いたちごっこゲーかなとも思いましたが、
それなりに各人の強弱時代の興隆が劇的な展開となり、
最後まで勝者を争う盛り上がりをみせました。



■シャドウハンターズ

正体隠匿ゲームで有名なシャドハンをようやく初プレイ!!
びっくりしたっ 前々から言われてたけど拙作の
蜃気楼の12時間がかなり似てるっ。
今度から説明の導入は「シャドハンみたいなゲームです」でいいか。

ゲーム自体は2陣営の潰しあいと中立の村人が織り成す
ドタバタハートフル吊るし上げコメディなんですけど、
序盤の手探り感からの中盤の味方判別を踏まえての決め撃ち
が楽しい。 やっぱり殺しあうゲームはたのしい。



■インペリアリズム

あやつり人形のような役職効果系ゲームで、
得点方法などが凝っている。
役職を勝たせる方法と自陣を強化する方法の
2通りの勝ち筋があり、各部とうまく連動してる。
やや複雑なため、1プレイでようやく勘所が見えてきた感じ。
本番は2プレイ目からだ!!



■ロストレガシー拡張 2014秋

私が加工して持参したやつ。
相変わらず軽い、読み合い探り合いが楽しい。
そして即死が盛り上がる。


■ロストレガシー拡張 2014春

前回のもやってみた。
置物の探りあいメインのこっちも楽しー。
両方とも即席な長さでさっくり終わって
ほどよい満足感があるからいいね。
繰り返しやりたくなる。



■メックアリーナ

ステータスのシートとダイスを使った
ロボットバトルゲーム。
選択したメカの武器を選択してひたすら攻撃行動を
行うが、それに付随する距離移動やゲージアップの要素が
とても電源ゲームライク。なので馴染み深い。


メカシートにイラストがドンと載ってる。
それぞれの武器性格が出ていて面白い。
今回は狙撃型と格闘戦一撃必殺タイプでの対戦でしたが、
格闘型がうまく距離をつめあげゲージフルチャージからの
必殺の一撃が決まりました。
なかなか戦闘のテンポが良くていいですこれ



■トスカーナの戦い

スパ帝さんのゲーム2連続プレイ!!
このトスカーナはカード役によって兵科のさんすくみで
判定する戦争カードゲーム。
このさっくり感はかなりイイ、ライフの削り合いが
ほどよく消耗戦っぽくて良い。
戦闘のみにフォーカスしてこういったゲーム規模に
まとめあげるのはさすがという他なし。


司令官ルールで2プレイ目。
こちらも上手くダメージバーストが付き
見事に司令官の個性が表現されてる。
そしてなんといってもこのカードイラストがかわいい。
個人的に今会はスパ帝曜日だったかも。
小さく完璧なゲーム作りを見習いたい。



■しらすちゃんゲーム(仮)

そして次回作のテストプレイ。
パラメータ調整したつもりがまだまだ問題があった。
プレイ部分のインターフェースに関してはかなり決まってきたかな・・・
ラウンド数4から3への規模縮小は功を奏して、
方針は固まった感じ。 今月アートワーク着手めざしてがんばりたい。





そして、小休止に10周年記念ケーキ登場!!
秘密裏にりっちゃん達が用意してくれてましたっ ありがとーーうっ!!
次の10年もがんばっていきたいです!!




■お邪魔者

2卓に分かれてたのを統合し大人数が揃ったところで
定番の鉄板ゲーム・お邪魔者。
今回金鉱堀側がお邪魔者の振りをしてお邪魔者を仲間に引き入れて
自らがゴールするという離れ業が炸裂した。
お邪魔者史上に残る名勝負となった。


■シャドハン2プレイ目

大人数でリピート。
人数多いと中盤以降の情報収集の差による
情報弱者強者が如実に分かれてくる。
わが意を得たりと他陣営と思わしきプレーヤーを
積極的に潰しに行く者、状況がどちらに転ぶとも
分からないのでひたすら均衡を保とうとする者、
自身の強化に余念がない者、
さまざまな様子が伺えた。

そして勝ち残ったのは・・・ 死にたがりの中立キャラ!!
今回一番美味しい展開だった。



■樹ブロック

解散直前まったりムードでみんなの手癖の悪さを
ゆるく競うことに。ひたすら天高く積む積む。
いびつに積む積む、そして何度か倒壊する。
鉄板の積み上げゲームでした。


グラムさんちの農園で収穫したみかんをごちそうになる。
実がでかくすっぱくほのかに甘い。
終盤に向け多くのビタミンを補充した。



その横でチェピィ大会がはじまる。



深夜のお酒とおつまみのコーナー。
今回このりっちゃんイチオシのつまみが大変おいしうございました。

来期の会議も行い、だんごとショーナンで共同出展、
グラム氏ドラフト1位でロケッティアズに入団、
りっちゃん大作構想のため次回お休み、
素材関連は手製ラミカ工がスリーブいらずの観点から
思ったより悪くないという結論で刷新見送り、
箱問題もまだまだかけるべきコストと
見合わないため継戦第一主義を通し見送り。
周辺ゲーム会へはもうすこし積極に参加する方針を打ち立て、
今より少し売名に精力的になることを示唆した。



■ディクシット

ボドゲ界屈指のモテゲーと言われた
名前をつけるゲームことディクシット!
おのおのの感性が爆発し大変おもしろかったが、
一番面白かったのはりっちゃんが意識高い系モテ男のブログを
チェックしていたというその事実であったことは記載しておきたい。
彼の心情に一寸の闇を見た。



■カタン

原点に還ろう。この一言で取り出したるは
ドイツゲーム10年選手のカタン。
むろんバニラカタンであり拡張は入っていない。
それぞれがルールを熟知している定番ゲームであるため
激しい駆け引きや煽りあいが展開された。
やはりたのしい



■Whats your magic?

これまたあらかたさんに選んでもらったゲーム。
シンプルでスタイリッシュなデザインのカードコンポーネントの裏腹
かなりごってりとした準備が必要なのだが、
始まってみるとなかなか軽やかに展開する。
いかに得点源の魔石に変換するかを競うゲームで、
その途上でリサイクルすることのないマナを使用して
魔法唱えあうのだが、その使いどころが悩ましく楽しい。
なかなかシャレオツな外観と濃厚な内容をもったゲームだ。



■おかしいよ!

きたきた、他ではまず見られないカードフォーマット。
「無駄にでかいカードっこれこそ貴族!!」
と既に箱を開けたところから期待が高まる。
内容はブラフババ抜きで、場の表示で
カウンティングしやすくお子様にも優しい仕様になっている。
構造上コンスタントに嘘をつかなくてはいけないため、
この瞬間の緊張感や度胸試しっぷりはやはりブラフ然
としていて楽しい。 良作!
そしてコースターがかわゆい



■帝国と軍艦

造船競争と権益争いの2つに焦点を絞った戦争カードゲーム。
船カードのステータスはかなりごちゃごちゃしているが、
意外と見るべき点は状況で絞られるのでスムーズにことが運ぶ。
戦闘がほぼダイスの1を出すか3以下を出すゲームとなってるが、
艦砲射撃の命中率を再現したような気がしないでもなし。
わりとおもしろかった。



■イケニエモンスター

同種のモンスターカードを持ち合い、
数字比べと特殊効果でデュエルするゲーム。
いろんな効果があるので繰り返し遊んで試したくなる。



■イントリーゲ

ショーナンさんが世界で3指にはいるぐらい好きなゲーム。
めずらしくテンション高めでインストをかってでる。

「ゲームが始まると人のおぞましさを知ることとなるでしょう」

名文句からはじまった今回の闇のゲームは、
予想通り仁義無き裏切りと掌返しの繰り返し。
おかしい・・・だった4ラウンドなのに・・・っ
たった4ラウンドなのに、みんなのソウルジェムがまっくろけっけだよ!!
そんなのおかしいよっ!! 今回も大変おぞまたのしいゲームでした。
沸点低い人と絶対やっちゃダメですヨ



■ACHACO 2プレイ目

早朝アチャコリピート。
疲れ果てた面々でも安定した小粋な笑いが飛びかう
良作でした。 これは定番ゲー化の予感がしますなあ。



■海底探検

オインクゲームズの新作。
潜水士となって深海へともぐり、お宝を持ち帰るゲーム。
空気の残量やダイス運が絡む大変楽しいマルチゲームに
仕上がってた。 チキンレース的な面がややダンジョンオブマンダムにも
通じるところがあり、こういった我慢比べな内容も楽しいと
実感させられた一作でした。 面白かったので要領を掴んだ2プレイ目は
全員行動が慎重になってわろた。




■ヴォーハルス

最後は鉄板ドラフトゲームのヴォーパルス。
やはり何度やっても楽しい。今回はしめの1プレイとなったが、
濃厚な4ラウンドが演出されていた。
また、マニュアル読みの雄であるグラム氏にして
「ヴォーパルスはマニュアルもすこぶるよし」
と高い評価をしていたことも印象的。
私も最終決算で点数ごとにエンディング内容が書かれてるところ好き。


そんなわけでいっぱいゲームしました。
12月はまだまだやるよーーう!!
年越しゲーム会メンツもゆるく募集~。
[PR]
by souka_t | 2014-12-02 08:19 | ボードゲーム | Comments(0)
<< yumyum 2014年 月曜更新 第48回 >>