黒子のバスケ第二期 感想


黒バス第二期も一気見しました。

序盤から新キャラの氷室君が登場するわけですが、
なんなんですかっ 婚約指輪ですかあれはっ、
火神君と氷室くんラブラブ過ぎて薄い妄想しか出来ない。

そうかと思えば、最終回では紫原君とイチャイチャですよ、
最終回手前でちょうど氷室君は凡才の烙印を押されるわ
必殺技はキセキの世代の型落ちたる逸材レベルの木吉にカット
されるわで、前評判でキセキの世代レベルとかハッタリも大概
って具合でいいとこなしかと思われた彼がっ、
戦意喪失した紫原を立ち直らせたシーンはまぢ身震いモノ。
あのシーンまじいっすわー 。
紫原も最初はイヤなやつでいいところなんて何一つなかったんだけど、
ゾーンに入っちゃった辺りから、結局バスケ好きなんじゃーんって具合に
ツンデレ見せられてお株が急上昇ですよ。
黒バス二期ラストの氷室と紫原のアゲアゲっぷりはホントハンパ無い、
火神と氷室より俄然氷室と紫原カプを推したい。
かといって 火神と黒子を推すわけでもなく、
青峰と黒子だわやっぱ。
バスケコートの仲では仲良しってなんなんだよー、
イチャイチャし過ぎだろーあの二人。
こりゃコミケ西側で大人気なのも納得ですわ。

自分連載で見て無くてアニメだけなんで、続きは三期待ちなんですが、
結局二期では赤司のスキルがわからず終いだったのでひじょーに気になります。
三期はやく見てえです。
[PR]
by souka_t | 2014-11-12 20:37 | ものぐるおしけれアニメ系 | Comments(0)
<< ハイキュー! 感想 コエブの一年間 02 枝分かれの兄弟 >>