テレビアニメ・新テニスの王子様 感想


図画工作しながらアニメ見まくった感想が溜まりに溜まってるから
じゃんじゃんいくよーう。
まずは テレビアニメの新テニスの王子様。

オープニングテーマ「未来の僕らへ」が荘厳かつ安らか過ぎて度肝を抜かれた。
テニプリってHIROのイメージ強くて、
いきなりこういう路線の曲で来たもんだからヤラレタ。無駄にイイ曲だ。
溜めた録画を一気に視聴する時は、基本OPは飛ばすんだけど、
この曲はあんまりにもいいもんだから毎回聴いちゃったほど。
ヘタすると今年のマイベストソング候補なんだがコレ。

さておき本編。
相変わらずのテニプリで安心した。
週間少年ジャンプ連載の時は毎週誌面で見てたほどだったけど
新になってから掲載誌変わっちゃって連載もアニメも見てなかったんですよ。
だから、キャラもだいぶ忘れてるかなとも思ったんですが、
テニプリキャラって濃いもんだから、わりかし覚えてるんですよね。
新テニは開始時点でオールスターなんで、ああ、いたいた、あいつねあいつね
みたいに、なんかもう昔好きだった玩具のカタログでも見るかのようで
序盤かせらテンション高めでした。
旧シリーズ当時はユニフォームが黒くてカッコイイ不動峰押しだった
だけに、不動峰の面々がわりと情けないことになってたのはちょっと残念
でしたが、昭和の熱血格闘漫画かってぐらいの山篭りエピソードは
こうなんかノスタルジックなものすら感じ、大変楽しめました。
中でも明らかにスタッフに愛されてるだろって感じの田仁志君猛プッシュや
リョーマに金魚の糞のように付きまわる無邪気な金ちゃんは見ているだけで
なんとも微笑ましい。

衝撃だったのは、大和部長!!
え、おまえ誰?ってぐらいイメチェンしててビックリですよ。
中華マフィアみたいな丸めがねをした大和部長が結構お気に入りだったのに!!
当時連載で見てたら私もアンチになってたかもなー。ホントこれだけは衝撃デカイ。
手塚との試合内容が良かったから上手く相殺されたって感じ。
変わり過ぎっしょ~、
中学の時黒髪でひっこみじあんだった娘が大学でアゲハ盛りのキャバ嬢に
なってたぐらいの衝撃ですわ。

いやはや、新テニ面白かった。 この続きのOVA楽しみ。
アニマックスさん早いところ放送権獲得まぢおなしゃす。
[PR]
by souka_t | 2014-11-12 15:35 | ものぐるおしけれアニメ系 | Comments(0)
<< コエブの一年間 02 枝分かれの兄弟 2014年 月曜更新 第45回 >>