突発宅会
テストプレイと2人用ゲーム消化をしようということで、
エヌ氏と2人で突発宅会しました!



朝から飲むぞー食うぞー、という勢いで、
ビールとソーセージ盛り塩鍋。


まずはかんぱーい。 キリンの濃い味をはじめて飲みました。
麦の味がかなり濃く、名前通り!! 濃い味!!
朝から飲むアルコールは五臓六腑にしみわたるぅ~



■ウサギの都市計画

鍋を煮ている間に、ちょうど前日にロールアウトされたウサギの都市計画を
テストプレイ。 内容的には問題なく回ったが、コンポーネントのある重要な問題
が露呈。 これは早急に修正予定。 という訳で都市計画は冬ゲムマで出します!



ちょうどテストプレイ終えた頃に煮上がってたソーセージ鍋を食す。
うめえうめえ、ビールとソーセージのステキな出会いやでしかし。
ちなみに野菜具はキャベツともやしのみ。



■砂時計を使った計算ゲーム(仮)

次はエヌ氏のテストプレイ。カードをめくり数字を足して行き、下一桁が
自分の点になる計算ゲーム。 特に場に置かれる数字は全体に加算される
というルールがいい具合に計算を忙しくしさせてる。まさに計算ゲー。
来年以降にリリース予定だそうです。



■RED BLUE 

ここからゲムマの購入品やってみようってことで、
じゃがいも騒動さんのゲーム「RED BLUE」
わずか9枚で展開されるアブストラクト!!



基本は天元に置かれた1枚の周りにお互いに1枚づつ置いてくだけ。
カードにはそれぞれ効果があり、置かれた瞬間に発動する。
そして最終的に自分の色列が多く完成したほうが勝ち。

プレイ感はテクニカルなオセロ、たった4枚を置くだけなのが
こんなに悩ましいものになるとは・・・お見事!!
1プレイが短いのでついつい何度かローテしちゃうほどでした。

4種づつのカードで運要素一切無しだから最善手あるのかな~。
そんなことも気になるほどやった いいぞこれ!



■陰陽師の呪詛比べ

メカニクスメイカーさんの2人用ゲーム。「陰陽師の呪詛比べ」
陰陽五行をテーマにした妖怪ゲー!! 自縛霊の猫とか今妖怪ブームだからな!!
基本はラウンドごとに1妖怪が現れ、それに対して手札から2枚づつ
五行のカードを出し行くだけ。 その2枚の組み合わせによって妖怪ごとに
効果が違ってくる。 効果の強さによって得点が変わるのだが、
同点の場合は妖怪の属性によって獲得者が決まるのがミソ。
何度も同点争いでこの判定で負けたー。

これまたなかなか乙な2人用ゲームでした。




■裸神皇

幻想卓上会さんの2人用格闘ゲーム。
「裸になれば裸になるほど」

「なにそのガイナのゲーム!」

インスト冒頭で交わされたこの会話の時点で我々の世代には
マストだったようだ。おもいきりマニュアルにもその辺の事書いてあった(笑)




裸・打・活殺!! 脱げ・殴れ・活きるか殺られるか!
気持ちイイぐらいに手札からカードがてる、殴ってる感はなかなかのものだ。
そして活殺での突然の大ダメ→死。 活殺フェイズで大逆転されたー、油断できねー。
いいねえ、突然爆発が起こるようなダイナミックなゲームだった。



■どつけよ! さすれば、開かれん。

夕日の土建屋さんの作品。
1つのパッケージで2つのゲームが遊べます。今回はそのうち1つの 
「どつけよ! さすれば、開かれん。」をプレイ。


攻城兵器をおっ建てつつ防衛陣地を構築、
ひたすら前線に増員を送りあって睨み合い、
頃合を見計らってドカンとぶつけるゲームです。

攻撃と防御のいずれにリソースを割くか
溜め込んだものをいつぶっ込むか、
なかなか悩ましいゲームでした。



■ハコモノギョーセイ

JCクリエイツさんの作品。これまた2人用。
ひたすら施設を建てて、経済点による勝利か施設の
固有勝利条件の達成を目指す。

アルコールが回ってきた頭にテキスト効果系はチト辛かったが、
これはかなり練られてる感じがした。
1度のプレイではカード間にどんなシナジーがあるのか把握できないので
2度3度遊ぶごとに味わい深くなるタイプ、いわばやりこみゲームだ。
相互効果がTCG系っぽい。



■ロボダイス
一端小休止がてらロボダイス。
何度もやってだいぶ鳴れて来たから酒飲みながら
やるぐらいがちょうどいい!!



■ドメモ
ここから軽めの定番ゲームで遊ぶ。まずはドメモ。
相手から見えて自分からは見えない牌列の数字を推理するゲーム。
ルールが少なく初めての人でもすぐに始められる。
ゲーム内容自体も手軽で良し、ド定番のゲームなだけある。
一家に一個系



■キャプテンリノ
これまた定番。ひたすら高く積まれていく様がたのし。



■みーときゃっち

バッティングといえばこれ。
うちではハゲタカの餌食の完全上位互換。
基本は数字比べなのでインストも楽なのもいい。



■オキヤ
アートワークからして小粋な一品・オキヤ。
短時間で適度な読み合いが楽しめる乙なゲーム。



■POINT:203
次のゲムマ出展予定の2人用・日露戦争ゲーム。
だいたい1~2度の押し引きから点数押しきりか本営破壊
で争うことが多いが、今回は好条件が重なり初の本営占領に成功。



■バトロボ
ロッカクだんご作品。2人用ロボット対戦ゲーム。
今回3~4回ぐらいやった。
攻撃力100の一撃必殺が決まるというミラクルも起こす。



■ウサギのすもう
前回のゲムマで出した拙作。最後の最後まで2人用。
まさに2人用づくし回だった。


酒飲みながら午前様でボドゲというVIPな2人宅会でした。
飲むと高揚するけどすぐ眠くなってしまうから泊まりじゃない
1日会がちょうどいいわー。
[PR]
by souka_t | 2014-09-12 06:50 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
<< エンダーのゲーム(下) Point:203 制作その3 >>