【漫画】キメラ10巻

かなり遅れてキメラ10巻を読破。
感想をばー

新章突入ってな感じに新勢力のキマイラ達の登場なわけですが、
レアな人種と思われたキマイラがいっきに4人ぐらい増えて唖然。
このまま行くと近いうちにせっかく血反吐を吐く思いでパワーアップした
タキがヘタレ予備軍へと再加入させられそう…。

それにしてもここ数巻のキメラはエロ過ぎる、今回も冒頭でのマチルダと
エロ司祭の「婚姻の月の儀」がヤバイ、前にも同じようなイベントがあったけど、
作者の緒方てい氏のリミットが解除されたのかどうか分からないけど、
けしからんぐらいエロい。

そういえば、フランス100年戦争時代にもこの「婚姻の月の儀」のような
女性聖職者の処女膜の有無を確認する儀式があったと記憶するが、
あれはいったい正式名称は何て言う儀式なんですかねぇ、
よくジャンヌダルクを題材とした映画には取り扱われるシーンなんですが。

と言うわけで、展開的に暗雲、内容的にエロ度上昇中のキメラでした。
[PR]
by souka_t | 2005-06-10 06:13 | 描きつくれば漫画系 | Comments(0)
<< 【ゲーム】ナムコクロスカプコン... 【ゲーム】メタルサーガ wit... >>