2014年 月曜更新 第31回
月曜です。


凄く唐突ですが、 「壁ドン」がしたいです。

週明けからなに言ってんだこいつ?と思われた読者の皆さんは
限りなく目が丸くなったことかと思われます。
ことの発端はなんとなくツイッタに流れてきた何の変哲も無い壁ドン画像なんですが、
あれって漫画とかではあちこちで見かけるシチュエーションじゃないですか、
それで、現実でそのシチュエーションに至るかどうかを
先週ずっと脳内シミュレートしてたわけですよ。

で、それに至るにはよほどの激情化と、相手を壁際に追いやるという
限定的状況を作り出さないとイカンという結論に達して、
その難易度たるやS級ランク任務。
逆に「壁ドンされる」側というのは、意外にも何度か経験がありまして、
学生の頃からショーナンさんはいたづら子猫ちゃんだったので
教員諸師兄どころかクラスメーツまで壁ドンギレさせること多々。
あれは確かに麻薬なんですわ、今考えれば壁ドンやられたいから
いたづらの限りを尽くしてたんじゃないかって思うほどで、
そらもういろいろやらかしました、
ドアに黒板消し仕込んだり、職員室前の当直表を偽造してすり替えたり、
誰かがもってきたエロ本をこっそりてきとーな真面目君のカバンに入れ替えたり、
女の子文字が上手い奴にニセラブレター書かせて一番人畜無害そうな奴を陥れたり、
まぁー 思いつく限りのことやって、相手にバレておこでしたわ
掃除用具入れの前に追い込まれて壁ドンですわ。 あーたのしかった。

それで、そういえば逆はやったことはないな、と。
一方を知れば、もう一方を知りたくなる、当然の探究心だと思います。
そんな具合に、先週の脳内シミュレートで実行困難という結論に達しつつも、
「エア壁ドン」を独り実施してた訳なんですが、これがまた意外と奥が深い・・・

まず、壁の叩き方。
壁を叩くぞ!!っていうフォームじゃ ゾクゾクしないんですよ、
うわっ ひっぱたかれるっ>< ていう恐怖心を煽るために、
ちょっと斜めに腕を上げて溜めが必要だと思うんですよね。
どこまで溜めればいいか考えた結果、
相手が目をそむければ、それが頃合。
そこから思い切り斜めに軌道を描き、相手の頭の真横を叩く。
これは音が大きければ大きいほど良いと思うんですよ。
ばぁん!!って、 ひっぱたかれたんじゃないかっていうぐらい
耳の鼓膜をぶち破るぐらいに。
で、相手は背けた目を一層背けて身をちぢこまらせるんだけど、
それは一瞬で、大きな音がした後は 「・・・?」って 痛くない・・何が起きたの?
って感じになるわけですよ。で開けた目の前には相手の怒り顔ドアップ。
ここで次の恐怖が襲って、 再び ヒッ!! てさせるわけです。
これを私は壁ドンの「ダブルテリブル」現象と呼称しています。
最後に台詞です。 これはシチュエーションによって様々なんですけど、
代表的なところで
「あいつと俺、どっちが好きかはっきりしろよ」
「俺のこと、好きっていえよ」
「随分とナメたことしてくれたな子猫ちゃん」
「あいつのこと忘れさせてやるよ」
「俺の物になれよ」
「いい加減にしないと 殺すぞおまえ」

このあたりですが、
先週独りで全部やりました。 一番ハマってたの3番かなあ。
何度か練習して、わりと良いフォームやタイミングを掴んだけど、
やはり実践ともなると全く別な気がする。
姉ちゃんに 「壁ドンやらせてー」 と頼んだはいいけど
うちの姉ちゃん古い人間だから壁ドンと言っても全くピンと来ず
「おまえバカ?」の一言で完スルーですよ。

ホントまぢに男女問わないから「壁ドン」誰かやらせてくれねーかなー、
こういう時こそのオモシロ要員のすえひろさんっすけど、
妻帯者にやるのはよくねーなー、いおさんあたりやらせてくんねーかなー。


暑さのあまりかなりバグが増えたショーナンさんでした。
[PR]
by souka_t | 2014-08-04 08:58 | 日々よしなし事系 | Comments(2)
Commented by 500円 at 2014-08-05 01:47 x
暑くてかなわんすね~
Commented by souka_t at 2014-08-05 07:17
そんな日にこそ壁ドンですよ!!
<< Point:203 制作その2 電動カキ氷機 >>