Point:203 制作その1


次期新作にしてショーナン作品久々のボード物。
仮名「2人用戦争ゲーム」がバージョン7となりました。
様々なルールが追加されては
それをバッサリ削ぎ落とし
再び違う形で復活して付加させては
それもまた削って整形し
繰り返し繰り返し 戦争ゲームとはなんぞや?を問い続け、
いよいよ完成形が見えてきたバージョン7となります。


これが部隊コマ。
春ゲムマ終了からずっとこれの製造にかかりきりで、
シリコン型が揃って量産体制もだいぶ整ってきました。

前期のウサギのすもうやドルフィンネットワークの
レジンコンポーネント実験はまさにこれのための下準備と言っても
過言ではありません。




スタートプレーヤーマーカーは軍刀型マーカーとなりました。

バージョン5までスタプレは毎ターン移り替わってましたが、
バージョン6からはアクションで替わる仕様に変更。
バージョン7ではスタプレ獲得アクションは本陣に移り
より利用しやすくなった。


バージョン6から登場。イベントカードと砲撃チップ。
5枚のカードのうち1枚は完全なハズレで
あとはアタリだったり普通の効果だったり、バージョン6の時点でかなり
使用頻度があったためバージョン7も継続して残った。
砲撃チップはバージョン6から砲撃ルールの大幅改変に伴い登場。
破壊的だった最初期の凶悪さにやや先祖返りし、
より戦術的な使用方法が可能となった。



そして、この2人用戦争ゲームの正式なテーマとタイトルも決定した。

テーマは
日露戦争の日本帝国陸軍第3軍とロシア陸軍の激戦「旅順攻略戦」におけるクライマックスである203高地の戦い。

タイトル名は Point:203 鉄血覆山山形改
(鉄血山を覆いて山形改まる)

既に多くのアートワークも完成を見ている。
次回はそれらをご覧に入れよう!!
[PR]
by souka_t | 2014-07-11 00:05 | 同人ゲーム制作 | Comments(0)
<< 2014年 月曜更新 第28回 ハバネロホットソース >>