歩く会2014春 その1
体力不足の解消と近隣スポットの再発掘を目的に、
鎌倉海岸を歩く会を決行。
メンバーは 自分とE・taroさんとりっちゃん
ちょうど今回のGM出展選抜メンバーとなった。



スタート地点は腰越ケンタッキー。
ケンタマニア界隈ではケンタフランチャイズ国内一号店説がある
ちょっと特殊なケンタ店舗。


腰越ケンタから見える江ノ島。
この海岸線道路に沿って東へと進みます。


映画やアニメでよく使われる江ノ電踏切その1
坂の急斜っぷりが良い
いかにも主人公がチャリンコでカッとんできそうだが、
交通量の多い海岸道路に直結であるためコーナリングに失敗すると即死必至。


鎌倉高校前駅。
言わずと知れた海の前にある江ノ電屈指の絶景スポット駅。
最近ではトッキュウジャーの撮影で使われてました。

江ノ電は七里ヶ浜→鎌倉高校前→腰越の海背景と、
腰越→江ノ島の町中を突っ切る背景がベスト。


映画やアニメでよく使われる江ノ電踏切その2
鎌倉高校前駅の入り口に続く踏切である。
アニメスラムダンクとかセイクレッドセブンで描かれたと思う。



七里ガ浜フリーマーケット。
月の第一週と第4週の土日、計4回開催してる
鎌倉市内最大のフリマイベント。



今回の一品。
アンティークタイプライター。

出展者さんに頼んで触らせてもらいましたが、
タイプするごとにカシャカシャと機械的な動作をするのはまさにロマン。
こういったおもしろいものもフリマで見かけたりします。



フリマ会場から見た江ノ島。
だんだん遠ざかっていく



更に東に歩き、稲村ガ崎へ。
その途中にある石のモニュメント。
哲学者 西田幾多郎先生の歌碑だそうです。



更に東へ少し行くと、稲村ガ崎公園こと鎌倉海浜公園に到着。
よくよく整備された芝生で一休み。
ちなみに海浜公園は三地区に分かれていて、
その一つがこの稲村ガ崎区域。


ボート遭難事故で揚げられた兄弟の水死体の銅像。
この公園で一番の見所。



更に東へ、長谷あたりに差し掛かったところ。
このあたりの海面は透き通って見える。



海浜公園その2 坂ノ下地区
海沿いの道にちょこんとある公園で、小さいながら整った美しい植物や
寝るにも充分な芝生が良い。 乙なスポットだ。



海浜公園ラスト 由比ガ浜地区。
ここは大きめの公園で、広い芝生どころか
ちょっとしたグランド代わりにスポーツもできるほど。
そして人通りも比較的多い。



ついに鎌倉駅に到着。
だいたい腰越を11時に発して、鎌倉に1時前後に着いた。
駅の近くのサイゼリアで小休止し、ダイソーにも寄る。



鎌倉の中央通にある巨大な鳥居。

ここから鎌倉編。
その2へつづく。
[PR]
by souka_t | 2014-05-15 09:11 | 日々よしなし事系 | Comments(2)
Commented by ETaro at 2014-05-15 12:04 x
この日はありがとうございました。
稲村ヶ崎近くの石のモニュメントは哲学者 西田幾多郎 先生の歌碑だそうです。
Commented by souka_t at 2014-05-15 20:27
おつかれさんでしたー けっこう歩きましたねー。
稲村のモニュメント了解す
<< 歩く会2014春 その2 5/10 鵠沼会 >>