5/10 鵠沼会
先週の突発鵠沼会。
2人用ゲームの試作テストプレイがメイン。



■キャットファーザー

まずは2人用ゲームのお手本ということで、
GMで話題になったキャットファーザーをプレイ。
即死のドキドキ感がやはり良い。
そして、なんと言ってもカードデザインが秀逸。
全て違う擬人猫の絵で、それぞれに性格が現れた
ポーズなのが良い。
コミカルな絵であってカード全体で見るとなかなかスタイリッシュ。
こういうアートワークは大好物です。




■オレマチ(仮)

E・taroさんの試作。
ババ抜きの発展型的な2人用対戦ゲーム。
互いのカードを削りあい、最後に手札に加わるボスを
仕留めたら勝ち。
テストプレイでカード配分法やボスの扱いなどをいろいろ検討した。
どういったテーマとアートワークが乗るかはまだ未定で、
たぶん今回のGMで数部出る。



■江ノ島トンビ(仮)

こちらもE・taroさんの試作。
トンビ形状のものを落として、乗ったカードを場から破棄する。
江ノ島周辺の深刻な問題となっているトンビを風刺した社会派ご当地ゲーム。
すげえHABAっぽい。


という具合なテスト会でした。
[PR]
by souka_t | 2014-05-13 08:07 | ボードゲーム | Comments(0)
<< 歩く会2014春 その1 2014年 月曜更新 第19回 >>