ロビンソン漂流記 プレイ感想

朝からロビンソン漂流記やってました。

このゲームはデッキ構築ソロゲーム。
ロビンソンが無人島で冒険し、最終的に
海賊船を2つ撃破することを目指します。



準備完了状態。

上が最後に戦う海賊船2艘。その左が警戒レベルで緑・黄・赤の順で切り替わり
ゲーム進行度と災厄の危険度が決まる。
左下が災厄の山札。ゲームは基本的にここから2枚取って1枚の災厄に挑む。
その右がロビンソンのデッキ。ここからドローして災厄を解決する。
右上にある緑のトークンはライフ、初期20点。

ゲーム終了条件は、ライフを全て失うか、
警戒レベル赤の時に災厄山が尽きて海賊と決戦を行い勝敗を判定した時。



1戦目
序盤に無茶して高ポイントに挑みジリ貧。
初期のロビンソンの火力の弱さはヤバイ。



2戦目
なんとなく始めはデッキ内のゴミカードを処理すべきと思い、
積極的に処分してみたものの、失ったライフは返って来ず。ジリ貧。



3戦目
警戒・赤まで進むが、デッキ圧縮が足りずゴミカードで詰む。



4戦目
衰弱カードで事故る。


5戦目
警戒カードで警戒レベルを落とし、一時期無双したが、
赤レベルに歯が立たず。



難しい!!
なかなかやり応えがあります。
ほんのちょっとセッティングが手間ですが、
ついリトライしたくなるほどデッキ回しが面白いです。
よくできとりますわー
[PR]
by souka_t | 2014-05-02 15:28 | ボードゲーム | Comments(0)
<< 2014年 月曜更新 第18回 4/27 鵠沼会 >>