4/27 鵠沼会
先週も鵠沼会。
今回はテストプレイと映画鑑賞です。



試作2人用ゲーム。
テーマはまだ決めてなく、とりあえずウォー的なモノになる予定です。

今回はボードを使うゲームです。試作では写真のようにペラ紙を
クリアファイルにはさんだだけですが、完成品は厚みのある盤状のものにになる。はず。

コマも材料の余りを使ってますが、実際は一定数いる好事家が喜びそうな
独特なコンポーネントを自作する手筈です。これは7月以降の公開をオタノシミニ。

カードも使います。ある2つのメカニクスを融合した発動ツールになってます。

ダイスも使います。拮抗戦を動かす要素になります。あと得点源の封鎖要素にも。

今回は、ある種の集大成を創り上げる覚悟。
その志も桁違い。目指すは日本で一番面白い二人用ボードゲーム!!



試作第一版をテストプレイ。

特にエラーが無く回ったので基本システムには問題無い感じ。
方向性は、面白くなりそうな感じだった。ゆえに制作続行ゴーサイン。
第一版としての役割は完全に果たした。

第一版の時点でかなり削ぎ落とした形にしたが、
実際対人でやってみると、もっとバッサリやってしまったほうが良い箇所と、
もっと盛った方が面白くなりそうな部分が山のように出るわ出るわ。課題山盛り。
試作作成していた時は詰める所は詰めたつもりが、思った以上にまだまだ
詰めれる余白があった。 ゆえにここから更に実験的案がいくつも浮上し、
どれを組み込んでいくか非常に悩ましい。 どれも面白い。

制作用にまとめとく。

浮き出た問題
・ダイスによる不歳出システム不要説
・特殊カードの価値がやや弱い説
・戦闘システムとの兼ね合いで攻撃カード使い辛い説
・現行の戦闘システムでは守られると厄介過ぎる説
・得点収入一体要素は勝ち側を走らせ過ぎるので不要説
・金と拡大要素の結び付きが弱い説
・ハデなアクションが無い問題
・首都陥落勝利不要説
・砲撃ルール強力過ぎる説
・戦闘システムにダイス介在の是非問題

新案
・特殊に金歳出アクション追加
・特殊に不歳出ゾーンコマを動かすアクション追加
・攻撃に兵員解雇→金増加アクション追加
・攻撃成功時コマ全消し修正 or 攻撃アクションに突撃追加
・移動に戦線突破追加
・コスト5のスペシャルアクション追加
・本陣にベーシックインカム追加
・特殊に本陣占領追加
・コマ数拮抗時攻撃した側が相手を撃破に修正 ダイス不要論
・砲撃ルールを未使用の相手のカード次回強制使用に修正 ダイス不要論
・錬度を攻撃時のコマ数に変換するに修正 ダイス不要論
・特殊の自分だけ使用するコストを1に修正
・3点の区画を二番手に1点入る修正
・2金区画を3金区画にする修正





洋画も鑑賞 「ゾルタン星人」

かなりぶっ飛んだオバカ系映画。
原題の直訳は「俺の車どこいった?」で、内容としては
原題の方が全体を現していた。
短編映画というか、雰囲気的にアメリカンホームコメディのノリに近い。
1カット1カットでネタを繰り出してくるので笑える場面が非常に多く、
まったく退屈するところがない。登場人物のほぼ全てが大雑把なのが
なんともオバカで良い。ホントに「こまけぇことはいいんだよ」を地でいく内容なのに、
最後は意外と話が収束していくのは気持ち良かった。なかなか傑作です。

ウィキペディアに、たった二行で見事にあらすじが書かれててウケた。
まだ見て無い人は見ちゃダメだ。

主役の吹き替えが浪川大輔さんなのもポイント高い。
[PR]
by souka_t | 2014-04-30 02:59 | 同人ゲーム制作 | Comments(0)
<< ロビンソン漂流記 プレイ感想 2014年 月曜更新 第17回 >>