オニリム ソロプレイ感想

先日りっちゃんから借りたオニリムに挑戦。

これは、ソロプレイに対応したちょっと珍しいゲーム。
夢の迷宮に迷い込み、夢が終わる前に夢の扉を探すという内容。

プレイは、常に手札5枚になるように山札からドローし、
場に記号違いのカードを1枚づつ出して3連続で色が揃えば
その色の夢の扉を1枚ゲット。あるいカギを持っている時に
カギと同じ色の扉を引き当てれば夢の扉ゲット。
4色2枚づつ計8枚の扉をゲットすればクリア。
ドロー時に悪夢を引き当ててしまうと、カードが破棄されるなどの
被害があり、クリア不能に陥る場合がある。



1プレイ目。

悪夢での被害が多く、それに加えて手札整理で派手に捨て過ぎたため
燃料のカードが足りなくなり、システムに敗北する。
一週目はこんなもんだろう。 良いチュートリアルだった。


2プレイ目。

手札内で3色セットができあがるのを待ち過ぎた1プレイ目を反省し、
積極的にカードを置いて行った。
功を奏してか順調に扉を獲得し、カギでの即ゲットもいくつか成功。
幾度もの悪夢を乗り越え順当にクリアとなった。



定期的に手札を破壊してくる悪夢カード。

パンでミックのパンデミックカードばりに良い仕事をしやがります。
悪夢の処理方法はいくつかの選択があり、どれもこちらの状況を
圧迫するので、非常に悩ましい。


ソロ用のカードゲームをはじめてプレイしてみましたが、
なかなか面白かったです。
頻繁に山札シャフルが必要なのがちょっとだけ手間ではありつつも、
悪夢に壊される世界とクリアの条件が絶妙なバランスとなってて、
テーマどおりの内容を演出していたと感じました。
[PR]
by souka_t | 2014-02-28 07:34 | ボードゲーム | Comments(0)
<< 数エーカーの雪原 その1 2/23 2人テスト会 >>