2014年 月曜更新 第08回
月曜更新です。

先々週の雪で、家の車庫の屋根が潰れてました。
いやはや、車を止めてない方の屋根だから良かったのですが、
お客や近所の人に短期間貸してる間だったらどえらいことでした。

近辺でも雪の重さに耐えられず倒壊してる小屋やら作業スペース
などが散見されます。 雪国ではないにせよ、大雪という自然現象に
いかに対応できていない物の設計で暮らしているか思い知った昨今であります。


先週は、いずれ買う予定の品を増税前に
買ってしまおうと思い、大量のダイスと重量級ボードゲームを2箱ほど注文。
ちょっと前の記事にあったとおり、ダイスは無事に到着しましたが、
ボドゲの方は入荷が25日以降ということで、今週末におあずけです。
なんのゲームを注文したかはおたのしみに! 
片方は2人用でかなり話題になったもので、もう片方はわりと最近のもので
戦略ゲームです。
早速消化するべく今週末に再び湘南重ゲー&テストプレイ宅会開催が決まりました
ので、召集した各人は風邪引かないように体調を万全にして当日来て下さい。




■バケタカのえじきに関する疑念

先日、ハゲタカのえじきをプレイしていて、ふと疑問に思ったことがあります。
ハゲタカのえじきは、ハゲタカ的な行動でこぼれた点をせしめるのだから、
プレーヤー自身が禿鷹だか鷹を演じている様を想像していましたが
どうも、それが違うのではないかという疑惑が浮上しました。

自分の持っているラベンスバーガー版のマニュアルには、
「プラスのネズミカードを取り合う マイナスのハゲタカカードを
取らないようにする」と、抽象的な事が書かれていますが、
何を演じてそれを成すのかは書かれていません。
ネズミを取り合うのだから、ネズミを捕食する何かを演じると
思うのが自然です。しかし、カードの絵などを見てみると、
"マイナス点のハゲタカカード以外は全てネズミが描かれています"
これはお互いに出し合うパワーカードにもです。しかも、裏にも表にも。

とすると、ネズミを出し合ってネズミを取るということになります。
パワーカードはネズミを捕食するなんらかの存在の力の強さと思われましたが、
このネズミ絵をそのまま受け止めると、ネズミの兵力やネズミの力の強さを
表し、これはネズミたちの同種族間の抗争なのでは?という仮説が立ちます。

しかし、プラスカードに描かれているネズミ達は
なにやら楽しいことをいっぱいしています。牧歌的というよりも休日の過ごし方や
趣味を髣髴とさせるものです。 これらを取り合うということは楽しい時間を取り合う
という形になるのでしょうか。 さて、そうなるとネズミ達は休暇の申請を出し合って、
一番有給日が余ってる数、あるいは根回しの強さ、地位の高さなどをぶつけあって
バケーションを勝ち取るという構図の仮説も立ちます。
プラスカードに描かれたものが食物だけならば、単純に餌の取り合いで、
力強きネズミが勝ち、弱く敗れたネズミの死骸がハゲタカにむさぼり食われる
という分かりやすい構図に収まるのですが、プラスカードのアート内容は
意外なほどポップかつバラエティ豊かなのです。

このように、ハゲタカ ハゲタカと呼称し、ハゲタカのパッケージやハゲタカ的な
勝ち筋に注目されがちなハゲタカのえじきですが、アートに注目すると
ことのほかネズミゲーなのではという気がしてきます。

最近のバージョンなどは絵が変わってるので、全然違う印象があるかもしれませんが。
[PR]
by souka_t | 2014-02-24 22:05 | 日々よしなし事系 | Comments(2)
Commented by 500円 at 2014-03-09 08:51 x
ハゲタカはネズミゲー
で合ってると思います。

メビウス版にはヒドく違和感を感じる。
なんでハゲタカを競ってるんだろう・・・
Commented by souka_t at 2014-03-09 23:03
やっぱネズミっすよねー。
メビウス版かわいくなりすぎやでー
<< 2/23 2人テスト会 レディースオークション サイト完成 >>