2014年 月曜更新 第07回
月曜更新。

2週に渡って雪で週末がつぶれました。
交通機関ってこんなに弱かったっけ?ってぐらい
よう止まります。
しかも、明日明後日も振るとか振らないとか。
冷え込みが激しくて、末端冷え性の自分にはキツイです。



■動画サイトとテレビ
以前は中高生と話す機会がある度に、「学校で何が流行ってるのか」
と聞いていましたが、いまいち話の広がりが無いので、半年前からは
「家に帰ったら勉強以外で何してるのか?」と聞いています。
すると、圧倒的多数なのが「PCで動画を見る」という答えです。
特に、大多数を成す自分のPCを持たぬ学生は、自分の帰宅からPCの主導権がある
父親の帰宅までの時間、だいたい5時~9時の間にニコニコやユーチューブなどの動画鑑賞に集中する傾向にあるようです。
さて、我々の世代で学生時の平日にこの時間帯といえば、何をしていたでしょう?
私の場合は、5時台は日テレの再放送アニメないしフジの再放送アニメを鑑賞、
つづいて6時台は関東圏の特権であるテレ東の最新アニメ鑑賞、
7時以降といえばテレビゲームや漫画、このようにひたすらアニメ・ゲームを消費していました。
このうち、アニメ消費の部分は放送スケジュールに縛られているため、
受身の性質があり、7時以降は自ら何をするかの選択の性質がある娯楽であり習慣でもある訳ですな。
話を戻すと、動画サイトにべったりの現代っ子は、いずれの性質を帯びているのだろうか?
という疑問がうっすらと湧いてきました。
動画サイトの動画というものは常に最新のものがアップロードされ、
それらを取捨選択して鑑賞するのだから、選択の性質を帯びている。
普通はそう考えると思うのです。
そこで、実際に動画鑑賞文化を体験してみることにしました。
まずはニコニコ動画を開いてみますよね。
そこでいきなり意外な壁にぶち当たります。

「あれ、何を見たら楽しいのかわかんねえ」


そりゃそうです、目的も成しに動画サイトを開いても、
目当てのワードがなければ検索のしようもありません。
あたりまえのことです。
最近周りの人間に「ニコニコ見る習慣ないから取っ掛かりが欲しいんだけど」
とふれ回ってたのはそーいうことです。
一瞬、自分に自主性が無いのかとも思いましたが、自分の興味を考えてみると
・ボードゲーム → 知らないゲームのインスト動画なら見たいけどアイマスとかしかない。
             テキスト進行やマシンボイスでそういうの見せられるのは苦痛。
・SF       → 古典漁り派なんでネタバレされると困る。動画とか論外。
・アニメ     → 終わってから一気に見る派なんで全話ないと困る。論外。
            バンダイチャンネルのクリーミィーマミ以降はネットで見てない。
・ラジオ     → 青春アドベンチャーがあんまりアップされてない。そもそもアウト
・ミリタリ     → うちディスカバリーチャンネル見れるしー
・武侠      → 誰かこっちに流れてきてないやつ翻訳してうぷしろよ^^
・ゲーム実況  → プレイ派なんで見るのは苦痛。
・生ライブ    → 誰がおもしろいのかわかんない。これこそ取っ掛かりが無い
・マッド      → 昔腐るほど見たり収集したが、若気の至りだと思ってる。
・○○してみた  → 踊りたくもないし歌いたくも無いし、それを見たくも無いんだよなー。 
・ボカロ     → デイーヴァ2クリアした私を誰か褒めて。 すまないBGM派なんだ。
・BGM      → レトロゲアレンジは山のようにあるがハズレが多すぎる。
            良アレンジ曲のまとめサイトとか需要あると思うんだがどうか。

うん、取っ掛かりないね。
縁が無いから挫折するレベルだったのですが、
それから数日して、「じゃあ、現代っ子は何を取っ掛かりにして動画を?」
という順当な疑問が浮かんできます。
そこで、中高生への質問のアプローチを更に変えてみることにした。
それが今年に入るか入らないかぐらいの時期。
質問を「動画サイトってどういうキッカケで見るようになったの?」
と聞くようにした。すると、10人中8人という高確率で同じ答えが出るという
驚愕の結果が出た。

その答えを得て私は思った。
「思わぬところで世界は回帰している」

その答えと答えについての考察は、気が向いたら書こうと思う。



ー取っ掛かり募集中ですー
・この動画おもしれっすよショーナンさん^^
・俺の生ライブみにきてくださいショーナンさん^^^^
・このシリーズは最高っすよショーナンさんwwww
・自分で作曲して自分で歌ってるっす 俺の歌を聞けよショーナン!!

こういう感じのぜひぜひ。
[PR]
by souka_t | 2014-02-17 21:22 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
<< 3DSコミック工房で漫画を描く 深海のイール(中) 感想 >>