【アニメ】翠星のガルガンチュア 感想


先週一気に見ました。

第1話の大戦闘で凄いの来たーって思って、
期待のゲージが振り切れそうだったんですが、
地球に不時着して一気にスケールダウンでガッカリ。
2話以降最初の期待は取り返しようがないかなと、
諦めてそういうものだと思って見続けたのですが、
これがまた意外と乙なもので、ロステク系の未来モノとして
かなり良い出来でした。

レドが船団に馴染んでいく様などは、1クールものとは思えないほど
丁寧に描かれていて、関わるキャラ群もなかなか魅力的。
船団関連の話が掘り下げられていくほど、第一話の壮大さと
釣り合って行き、ラストにはしっかりとしたヤマがあって、
締め方も悪くない。1クールモノとしては自分の中ではかなり上位に
ランクインされました。

それにしてもナビがしゃべるメカはずるいですな。
チェインバーのリボルテックなどが出ようものなら
ちょっと欲しいと思うほどです。
あと、ウェブコミック版がかなり良いです。
アニメ本編でも重要な役割を果たしてたサルページ屋の
話になってます。こっちもどうなるか楽しみ。
[PR]
by souka_t | 2014-01-21 21:09 | ものぐるおしけれアニメ系 | Comments(0)
<< 【ネット配信】戦国ネットすきらじ再開 2014年 月曜更新 第03回 >>