新コンポーネント開発1
ここ最近、毎晩超量産してた
新コンポーネントを紹介。
ショーナンファクトリー、いよいよ禁断の造形術に挑む。


今回の計画の要となるアイテムその1 シリコン


前々回の月曜更新で見せた、ショーナンミープルの原型を
シリコンの風呂に埋める。


一晩置くと固まる。
硬化剤がほんのわずかでも、きっちり固まる。



原型を外すと、この通り型が完成する。 
これが量産用のシリコン型となる。
連夜作ってるので 既にこれが5つある!



お次は平行して、ゲムマの時周りの人たちで論議していた計画に移る。
計画の礎となる氷型だ。


そして、造形師にはお馴染みのレジンキャスト。
パチ組みモデラーの私が、まさかこういった経緯で
レジンに手を出すことになろうとは・・・。
ガレージキットウォッチャーとしてレジンキャストには大きな憧れがあった。


論議に上がった離型剤も完備。



レジンキャストの調合。
レジン缶を開けるのに思わぬ苦戦をする。
上から押すと虎ばさみの罠みたいなフタが開く。
この妙に凝った開閉メカニズムは興奮もの。
わっかんねーよ


レジン調合したもの。
よおく混ぜなくては失敗する。 1回目は半分しか固まらなかったが、
2度目はしっかりかき回し、よく固まった。
また、使用してるレジンは即効性なので、かき混ぜに時間を
使い過ぎると、型に流すときに固まり始めてしまう。


氷型はポリプロビレン。理論上、型は取れる・・・はず。
これが今回の計画の出発点だった。
そして今まさに、レジンがプリプロビレン容器へと注がれる。


さきほどまで作っていたショーナンミープル型にもレジンを注ぎ込む。
さあ、固まるか 上手く取れるか






結果は大成功。

氷型は少し力技を使わないと抜ききれないが、
どうにかなった。
シリコン型のショーナンミープルも良い具合に取れはしたが、
クオリティを高めるためにより最適化する必要がありそうだ。



初レジンだったが、結果は上々だ。
ホワイトキューブは既に 100個近くの生産を終えた。
次にレジン着色実験を行い、ブラックキューブ100個の生産を目指す。

ミープルは抜きの時にシリコン型を壊してしまう場合があるため、
型の作り方を一工夫し現在も増やしている。 目標は40個。

そしてニンジンマーカーも現在制作中。

新作のアートワークも平行して描き上げ中で、
来期への仕込みは急ピッチで進行中だ。
常に前進あるのみ!!


ひっそりショーナン通販も再開したので、
GM冬で買い逃したボーイ&ガール達は
利用してくれ!!
[PR]
by souka_t | 2013-12-12 22:04 | 同人ゲーム制作 | Comments(0)
<< 2013.moon_up_50 NT1月号 FSS感想 >>