【漫画】ナポレオン ー獅子の時代ー3巻


あの劇画漫画の巨匠・原哲夫の愛弟子の長谷川哲也というだけあり、
激しい画と破天荒な台詞渦巻くナポレオニック漫画の奇作。

ちょっと遅れて3巻をゲットしたので今更ながらの感想。

とにかくどいつもこいつもキャラが立っていやがるっ、
2巻の最後についてきたジュノーのどこか抜けてる所とか、
冷酷無比なマッセナや後に宿敵になるであろうネルソンやら。
ゲームや書籍で名前とあらすじぐらいは知っていた者達ではあるけど、
微妙に史実の記録から肥大化した振る舞いがやっぱりこの漫画の全て。
例えるなら 初期の蒼天航路 の面白さに通じるものがある。

それにしてもデュゴミエのあの兵員の鼓舞の場面は上手いよなあ、
あれが1巻の グランダルメっ! に繋がる訳で、ナポレオンが実際に
影響を受けた老将って件を良く再現してる。
それ以上にインパクトが強すぎていいよあの場面。


総評するに、結構人を選ぶ漫画だけど、個人的にオススメです。
ナポレオニック系の漫画は日本には超少ないので貴重といえば貴重。
[PR]
by souka_t | 2005-05-05 20:23 | 描きつくれば漫画系 | Comments(2)
Commented by 湘南のエロ at 2005-05-06 10:34 x
GBAナポレンのインザーギとスーシェって、オリジナル士官なんですかね。ランヌとダヴーに関しては、すぐに調べる事ができたんですが、この二人だけは、元ネタがわからんちんです。

それにしても、ランヌの史実とゲームのギャップにウケます。
なんで関西弁やねん。
Commented by souka_t at 2005-05-07 11:56
スーシェはパッと聞くとスルト元帥あたりの名の読み方を変えたのかなと思いきや、いました実際。 勇猛果敢なマッセナといっしょにイタリア方面攻めてたもんだから やや影薄な様子。

インサーギはホンキでわかんねー、たぶん何か変わった読み方するとそうなる名前なのか、晩年名前が変わってこっちは通りが悪い名前なのか どうなのか。 検索するとサッカー選手で 検索ワードにナポレオンを加えると GBAのゲームの紹介が一番上に来るのがなんとも やっぱり架空だったりして。

ランヌ 岡村に似てるよな。
<< 【ゲーム】ロックマンエグゼ バ... 春の鎌倉 >>