鵠沼ゲーム会3 013/11/21
昨日またもやE-taroさん宅でゲームしてきました。
鵠沼2人用ゲーム会3。 

■オキヤ

先週ソロで回して紹介したお手軽ミニアブストラクト、早くも対人戦。
黒が先手でスタート。



黒:ショーナン 赤:E-taroさん
1戦目は互いに念入りに先を読み合った末、
四角の陣地を確保しE-taroさん勝利



黒:E-taroさん 赤:ショーナン
2戦目は4目並びや四角配置を警戒し尽し、
引き分け。



黒:ショーナン 赤:E-taroさん
3戦目は互いに四角配置でのリーチを掛け合いながら、
慎重に打ち合い、配置の地の利を活かしショーナン勝利。


・対人感想
ソロで回した時に感じた手軽さはそのまま。
例外処理が一手目だけなのでインストも楽。
これならどこに行っても出せそう。
繰り返しプレイがありがちっぽいので、
はじめからポイント制でプレイ推奨かな。
特価500円だったので良い買い物をした。


■ボタンアップ

こちらもミニアブストラクト。
コンポーネントはボタンというオサレっぷりも注目。



黒:ショーナン 赤:E-taroさん
1戦目は頂上を黒が押さえたものの、
中間に多く飛び込ませた赤の勝利点が上回る。




担当色はそのまま。
2戦目。見事なまでに頂上ワン・ツーフィニッシュを決め
E-taroさん大勝。


・対人感想
こちらも同じく手軽にはじめられるが、
若干重ねるルールが独特なのでインスト注意。
ボタン回しのコツも若干見えてきたが、
手数が少ないだけに定石が固まるのが早そう
と思うけどどうだろう。

■休憩

劇場版ウテナ鑑賞。
感想は別項で。


■バンケット

ゲームマーケットの新作。
動物ごとに特殊能力をもつドラフトゲーム。


1戦目
E-taroさん(上):ネコを放ったらニワトリがやってきてヒヨココンボが完成し勝利。
ショーナン(下):ドラフトで方針が定まらず敗退。


2戦目
E-taroさん(上):ヒツジ・ヒヨコニワトリの両面作戦が決まり安定した得点。勝利
ショーナン(下):ニワトリヒヨコにフクロウで追加点を狙うも届かず。敗北


3戦目
E-taroさん(上):ゾウを運用しつつニワトリヒヨコで点を稼ぐが、ネズミを動かされ失点。敗北
ショーナン(下):同じくゾウを運用しニワトリヒヨコを狙う。放たれた猫をもらい受けた分で勝利


・対人感想
何回かやった感じだと、ドラフト一手目のウエイトがかなり重い。
まさに計画性が大事なゲームで、ドラフトでブレたら確実に負ける。
鉄の意志とちょっとした手札を切る読みが必須。
それにしても猫のルールが面白いね。気まぐれさが良く現れてる。
ゲーム自体もローテしやすく、数分で1ゲーム楽しめるのが良い。
私が学生だったら、休み時間はこれで遊ぶだろう。



■ライトウォーズ

拙作のウォーゲーム。
そろそろ拡張2を想定したプレイをと、久々の御登板。
中規模ゲームのコスト30ポイントマッチ+拡張重装歩兵入り。

赤・ショーナン軍
重装歩兵を中心に槍兵・歩兵を取り揃えた、攻撃力重視編成。

青・E-taro軍
軽装騎兵を中核とした槍兵・歩兵のバランス編成。


これがゲーム開始の布陣した状態。


第1ターン
赤軍・間合いを詰めるようにラインを組んで戦線を詰め上がる。
青軍・軽装騎兵が赤軍ラインのウイークポイントである歩兵部分に穴を開ける。


第2ターン
赤軍・接敵してる部隊を左翼から順に打ち破り、敵兵力の半数に上る戦果を挙げるも、
    調子に乗って戦線投入した王が、まさかの軽騎兵との戦闘に破れゲームセット。


・感想戦
「君子危うきに近寄らず」
ダイス目3以上の差がありほぼ勝利間違いなしと思ったのは過信だった。
ダイスは恐ろしい。 本日一番お間抜けな1コマでした。


■新簡戦

新しく簡単な戦争ゲームを作ってみた。略して新簡戦。
2人ですがいよいよ対人プレイ。

・赤:ショーナン 初期地 関東
・青:E-taro 初期地 東海


序盤~中盤と甲州・東海でいくどもの戦闘を繰り広げ、
東海は引き分けてどちらの土地でもなくなってしまう。
後半、赤軍は重要拠点である京都を固め、
青軍はポイント的に窮地に追い詰められつつも制海権を確保。
最終ラウンドでは、赤軍が重要拠点を守りきり勝利。

訂正:ルール上土地が中立に戻ることは無い。


・対人感想
ソロで回してたとき、中立地帯での戦闘の処理を勘違いしてた。
中立地帯は次のプレーヤがコマを設定するんだね。
とりあえず2人プレイで基本的な回し方はマスターした。
実際やってみると、引き分けた時に占領タイルの引き上げと防兵の破棄
でタイルの選択も充分アリっていうのが分かった。
今回の最終局面がまさにそれで、ポイントの低い領地を破棄して
ポイントの高い領地に援軍を向かわすという戦略的撤退を演じた。
それと、京都の重要拠点っぷりはいいね。
これは信玄も今川も上京したくもなる(笑)
良い再現度だと思う。

訂正:正しくは、引き分けになった地域に兵力コマがなければ攻撃側の領地になるでした
[PR]
by souka_t | 2013-11-22 21:14 | ボードゲーム | Comments(3)
Commented by 植民地戦争+α at 2013-11-23 13:25 x
こんにちは。早速遊んでくださってありがとうございます。
中立の処理は次の手番の人が、好きに防御コマを置きます。その人が特に取られたくないところにコマを集中させて構いません。
有力大名の息が掛かっている状態と思ってください。

また、引き分けは、兵力コマが無い限り、攻撃側が領地を得ます。中立に戻ることはありません。
その他、URLにFAQを載せましたので、ご参考にください。

今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by souka_t at 2013-11-23 21:32
補足ありがとうございます。
なるほど、サラ地にならず攻撃側のものになる訳ですね。
3人以上でやる本番の前に確認できて良かったです。
F&Qも目を通しましたので、次は正しく回せそうです!
多人数でやるのが楽しみです
Commented by Jocelyn at 2014-05-17 09:15 x
Nice to be visiting your blog again, it has been months for me, always good writings here.
<< 劇場版少女革命ウテナ 【漫画】ゴブリン公爵 >>