【ゲーム】大乱闘スマッシュブラザーズDX


ゴールデンウイークということでゲーム!
いや なんかうちは年がら年中って気もしますが。

今日はGCでも長い人気を誇るソフト 大乱闘スマッシュブラザーズDX にチャレンジ。
とりあえずピカチュウでレギュラー戦のシンプルモードと
アドベンチャーモードをクリアしました~。

少し前に丁度64版の前作も遊んでいたので、印象としては正しく進化したといった感じ、
旧任天堂ファンであった自分としては涙モノの演出の数々がタマラナイ。
特にグッと来た場面を挙げるならば
・ステージBGMの全て
・シチュエーションモードの リンクVS影リンク
・アドベンチャーモードでのサムスステージ最後の脱出タイムトライアル
・コレクトフィギュアの全て
・対戦時の補助アイテムとしてヤケに力が入ってるポケモンカプセルの中身
・ファルコンステージでの下を通過するエフゼロマシン群
・ネスの魔法のカッコイイ発音
・踏めるクリボー・ノコノコ
・吸い込みがホンキでウザイ カービィ
・サムスのアクションのすべて
・補助アイテムのバズーカ
・アイスクライマーステージの縦スクロールっぷり


もう挙げたらきりがねえ、ファミコン世代はたいてい任天堂ゲームをプレイしているはず
だから 当時からのゲーマーは絶対やっとけって感じ。

ー関連サイトー
ニンテンド-公式サイト
[PR]
by souka_t | 2005-05-03 15:27 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(2)
Commented by 湘南のエロ at 2005-05-04 10:26 x
アイスクライマーといえば、2人プレイしていると喧嘩にしかならない、友情ぶち壊しゲームでお馴染みのアレですな。
ツインビーの真逆を行く弱肉強食なプレイスタイルは、ゲーム界のストロングスタイルと言っても過言ではないでしょう。

まぁ何が言いたいのかというと、私も引きこもってゲームしてぇなーって事です。はい。
Commented by souka_t at 2005-05-04 20:59
クライマー・バルーンファイト・バトルシティとかは殺し合いが真の楽しみ方だったな。  よくもわるくも遊び方に工夫が出来た初期のファミコンのゲームに乾杯
<< 春の鎌倉 バンダイ・ナムコ 経営統合 >>