ボタンアップ ソロ回し感想

ゲームマーケット2013秋にてテンデイズブースで購入。

オキヤと箱もジャンルも同じくするアブストラクトゲーム「ボタンアップ」。


コンポーネントはこんな感じ。
大きいボタンと小さなボタン、四角と丸のタイルが付属してます。

■プレイ

丸いタイルの戦場の周りに大きなボタンを1つづつ
円を描くように並べます。

そして手番がきたら、白いボタンを掴み
時計回りに隣りのボタンへ積んで行きます。

これをひたすら交互にやっていくだけで、
積み込み方や連続で動かせる細かいルールが若干ある。


ゲーム終盤の図。
こんな感じにボタンタワーができあがっていく。


1ラウンド終了した状態。
1つの塔となったら得点計算。

一番上9段目が9点
8段目が8点
7段目が7点
・・・
と段数によって獲得できる点数が変わる。
これにより、より高い位置を巡って自分の色のボタンを
積み込むことがこのゲームの目的となる。
最終的な得点は互いの点数の差分のみ。
これを数ラウンド続け15点獲得したほうが勝ちとなる。

このラウンドは赤が制した。



2ラウンド目。
今度は黒も奮戦して上を取るが、
間に多くの赤が入り、決算では赤に及ばず。

2ラウンド目も赤の得点となった。



ステッカーがオマケについてた。


■総評
オキヤは平面的で先を読みやすかったのに対し、
この、回した先の形を読むのは慣れが必要なのだけど、
オシャレでユニークなのはこっちかな。
オキヤとボタンアップの差はホントに好みとしか言いようがない。
たまたま最初に出会ったのがオキヤだったから
オキヤのがちょっとだけ好き。こう、なんというか
幼馴染キャラがメインヒロインになっちゃうみたいな?
セッティングの時点で定石が変わるミニアブストラクトっていいですねえ。
[PR]
by souka_t | 2013-11-17 21:13 | ボードゲーム | Comments(0)
<< 2013.moon_up_46 秋葉ロロステに戦列・蜃気楼・慈... >>