新しく簡単な戦争ゲームを作ってみた。 ソロ回し感想

ゲームマーケット2013秋で購入。
植民地戦争さんの「新しく簡単な戦争ゲームを作ってみた。」
略して新簡戦。

いよいよ出るべきところから出たと言うべきテーマのゲーム。
これですよこれ、こういうのですよ。待ってました!
今回最注目の一作。



コンポーネントは
厚めの和紙のマップボードに
木製キューブ、白黒の丸コマ、4色のタイル
そして2つのダイス。

材質はかなり良し。500円とは思えないセット内容です。


■プレイ

基本セットの日本マップでプレイです。

先手・青 初期地・関東
後手・赤 初期地・畿内

タイルが自勢力の占領地を現します。
勝利条件は
1.タイル6個全て置ききる
2.場にある兵力コマ6つを取りきって地域ポイントの合計値で勝負


第一手 青軍中立地帯3ヶ所を占領

手番は戦争と待機の二択。
戦争する場合は5つ黒コマを使い攻める先を決める。 5つのうち2つはブラフ用のダミー。
待機の場合は兵力コマを得る。兵力コマは防衛線で有利になる守兵の役割をする。


第二手 赤軍2方面に進軍。

東海と北陸で戦闘開始。
東海には既に青軍の兵力コマが置いてあり、
防衛に+1の修正がつく。


東海での戦闘

なんと、攻めこんできたのはブラフ。
防衛軍不戦勝。

北陸での戦闘もダイス勝負で守りきった。


第1ターンガ終わり 第2ターンで小競り合いをし、
第3ターンの状況。



青軍機内と畿南に進軍。



兵力コマがありやや難攻な機内に兵力集中
したとみせかけて、ブラフを混ぜる。



だが、勝負は時の運。
ダイスで勝利する。青軍機内を獲得。

本命の戦力4を注ぎ込んだ南機では青軍敗退。


第3ターン終了時の状態。

次の赤軍が機内を取り返さないと
青軍が中立地帯にタイルを置ききって勝利してしまう。


赤軍もちろん機内で決戦を仕掛ける。
東海にも戦力を派遣。


東海では赤軍別働隊が勝利。

だが、機内では敗北。


青軍、守りきった機内から四国
後方より甲信を攻め、全てのタイルを置ききって勝利。



■感想
展開が軽快で、処理も分かりやすく、短時間で終わる。
SLGっぽい外見とは裏腹に驚くべき軽さだった。
丸コマの戦力0はブラフとして十分機能しているし、
兵力コマの戦闘補正も面白い。これ以上肉付けすると煩わしく、
これ以上削ぎ落としては薄味になってしまう。
素晴らしいさじ加減にまとめたシステムだと思う。
世の中には戦国や国取りといったテーマが好きな人が
一定数いるが、これなら薦められる。

3~4人でやってみたい。
[PR]
by souka_t | 2013-11-14 21:43 | ボードゲーム | Comments(3)
Commented by 植民地戦争+α at 2013-11-14 22:43 x
お世話になります。ソロ回しありがとうございます。
ショーナンさんにこう言って頂けて光栄です。
是非、多人数で遊んでほしいです。
他人数ですと同盟が勝利の肝になってこれも面白いです。

機会があれば一度、ショーナンさんといろいろなゲームで
遊んでみたいですね。
Commented by souka_t at 2013-11-15 08:28
ボードゲームの体で、こういった国取りゲームを出してくれる方が あまりに少ないので、植民地戦争さんが出してくれるって ずっと信じてました。いよいよって感じでしたホントに!
多人数で早くやってみたいです。同盟のルールをサラ読み しましたが、新たな駆け引きを生みそうで楽しみです。

同じ神奈川内なので、いずれどこかのゲーム会でお会いしたいですね!
Commented by 植民地戦争+α at 2013-11-17 12:20 x
新簡戦は是非、楽しんで貰えれば嬉しいです。
今後ともよろしくお願いいたします。
<< 秋葉ロロステに戦列・蜃気楼・慈... 【同人制作】GM終わって、次に向けて >>