バンケット ソロ回し感想


ゲームマーケット2013秋で購入。
Owl Worksさんの作品 バンケット。

ゾウ・ネズミ・ネコなど10種類の動物カードを並べて行き、
それぞれの効果により総得点を競い合う2人用ゲームです。

最近は2人用ゲームがマイブームなので、
カタログの時点で注目してました。
意外と2人用特化ってなくない?


内容物その1・マニュアル
図解入りで分かりやすく、ものの数分でゲームの回し方が分かります。



内容物その2・カード
いろんな動物のカードがあり、それぞれにユニークな効果があります。
これらをひととおり覚えると濃い駆け引きができそうです。
そして、アートワークも良いですね。ほんのり暗めに抑えられた色使いが
妙に雰囲気があります。


■プレイ


ゲームはカードを6枚づつ配り、それぞれが
捨てるカード1枚、手元に残すカード1枚を決め、余りを交換します。
3度繰り返し、使い切るまでがゲーム前半。



ドラフト後は手札を1枚づつ場に出します。
今回の初手は ネコ と フクロウ。
ネコの効果により、相手とカードを交換します。

ネコは基本点が高めなため、手元に残すのが難しい。
ネコの気まぐれさが良く現れてます!


前半戦はこのようになりました。

相手はゾウによる高いポイントと、ヒヨコ登板によるニワトリコンボ狙いの様相。
こちらは手堅くヒツジコンボ狙い。



そして後半もドラフトしてカードを出し切る。
これが終局図。

終わってみると、なんと10vs10引き分け。
相手はゾウを主力としたゾウの効果(隣の点数無効)を避ける方向で
上手く並べたものの、点数が伸び悩み、
こちらはネコと交換したキツネに荒らされヒツジの並びコンボが台無し。

後半3枚目のヒツジが手元に来たときはニヤリとしましたが、
たった一手で崩壊しました。これは面白い。


■感想
どうやって効率よく得点するかを考えるドラフトと、
相手の思惑を考えながら出すタイミングが上手くマッチしてました。
システム自体はすこぶるシンプルで、カードの効果の狙いも
とても分かりやすい。それでいて点数を伸ばす勝ち筋も複数有り、
いろんな戦法を試したくなります。
プレイ時間5分という手軽さもあり、リプレイ性を高めてます。
これは何度もやってみたくなる良作ですね。

2人で計画性をとことん突き詰めてハードローテしてみたいです。
[PR]
by souka_t | 2013-11-12 06:44 | ボードゲーム | Comments(0)
<< OKIYA ソロ回し感想 2013.moon_up_4... >>