とらんぷくえすとぷらす ソロ回し感想

ゲームマーケット2013秋で購入。
サークル「なまはむ」さんの作品「とらんぷくえすと・ぷらす」です。
以前、500円ゲームズにも参加されたとらんぷくえすとの強化版で、
前作は別途トランプを用意して遊ぶゲームという様式で注目されてました。

■コンポーネント


進行カードも付属。 準備だけマニュアルに目を通せば
あとはこれに記された順に進行するだけ。便利!


これらがゲームの主体となるジョブカード。
魔王軍・勇者軍と分かれていて、多種様々な効果を持つカードがあります。
箱ドットがこれだけ並ぶとなかなかコミカル。

■ゲーム ソロの回し

今回は1人2役で魔王vs勇者のタイマン勝負でやってみました。
1からKの1スートセットをそれぞれ持ち、
勇者側ははじめから1をジョーカーに替えてスタート。


まず、双方に3枚づつのジョブがサプライとして
中央に並べられる。


そして交互に手札を自分の場にあるジョブカードの数値と同じカードを
1枚づつ出し合っていきます。 全員出せなくなったりパスしたら終了です。
全てのカードの合計値で争います。

初手は勇者側の勝利

この後、それぞれサプライからジョブカードを1枚獲得し、
自陣営を強化していきます。


2ラウンド目。 魔王側に魔王が光臨。
1ターン目で捨てたKのカードを呼び出し勇者を圧倒。

**これは後ほど判明したのですが、魔王は5ラウンド目しか登板できません。**

魔王は猛威を振るい3ターン目も制しました。


4ターン目。
勇者側、2ドローと3ドロー3ディスのジョブスキルを活かし
手札量で押します。


5ターン目。
サプライが枯れ、最後の総力戦となるファイナルバトルです。
ここまでくると、だいたいの手札を戦闘力に消化できます。
あとは上手くジョブスキルを活かしてより多くの戦闘力を確保します。
相手のカードを封じる技に対して相手からの効果を打ち消す技が
発動したりと、派手なスキル合戦はかなりスリリング。

なんと勇者側56パワーに対して 魔王側54パワー
まさに僅差。


最後は勝利点に変えたカードの比べ合い。
最後にジョーカーを点数化した勇者側が圧倒的でした。

点数を欲張れば火力が足りず、
火力を重視すれば勝利点が足りず、
このままならなさがジレンマを生んでます。


今回の勝利チーム。
2ドローのスキルが大活躍でした。


■感想
トランプを使用したゲームということで、
どれほどトランプ側に依存するのかなと思ってましたが、
上手く車輪にしてたという印象です。エンジン部分のジョブカードが
見事にゲーム展開を司り、はじめにどのジョブスキルを使って
相手をハメ殺すかを考える時点で、かなり楽しいです。

スキルと数値の分布も上手く、
使いどころが多いのは数値に乏しく、
数値の勝手が効くのは使いどころが渋い。
それでいて上手く個々のカードの性格が出てたと思います。

サプライからの獲得や手札の一括破棄など、
これはおもいきったなあ、と思わせる部分があったり、
戦闘力とトレードオフの見事な点数化など唸らせる部分もあったり、
なかなか隅々まで行き届いた良いシステムだと思いました。
これは良作ですわー

3~4人でやってみたい。
[PR]
by souka_t | 2013-11-10 22:23 | ボードゲーム | Comments(0)
<< 2013.moon_up_4... NT12月号 FSS感想 >>