2013.moon_up_40
月曜です。

先週は、GMに向けての細かい作業をこなして、
あとは取り置きの様子を見つつ増産に備えるだけ
ってところまで詰めました。
あと、
とある拡張を作るために絵素材をこしらえてたり。
これは同人という形態を生かして前々から
やってみたかったことがあって、その第一号になりそう。
わりとそういうことやるってほのめかしてあるので、
知ってる人はショーナンがいかに有限実行かを思い知ると思う。


仮面ライダー鎧武見ました。
今期の初回は面白かった。素晴らしいチュートリアル回だった。
正直ウィザードは始めから主人公が出来上がりすぎてて
2話でもういいやってなって切っちゃってたんですよ。
ベルト手に入れて試行錯誤して使い方覚えていく過程って
やっぱり大事でさ。その方が見てる側も入り込みやすいんだよね。
フォーゼもそういうところ良かったから前半の掴みばっちりだった。
それでいて今作は思わせぶりな伏線っぽいものもバンバン盛り込んでて
非常に先が気になる。
あと、凄く現代ーいまーっぽい要素が多いところが良い。
ニコドー層が好きそうなダンス集団とか
そいつらがやってるポケモンみたいなデュエルとか
あれはかなりイイ掴みに感じたよ。中二病設定には食傷気味だった
自分としては、こういったド直球的な現代っぽい要素のが美味に感じる。
今期はガチ視聴決定。

キョウリュウジャーの話もするか。
おもしれーなー。前作のゴーバスターズのサイバーパンクを軸にした
シリアス路線もすんごく良かったし、好きな戦隊ベスト5に入るほどの
傑作だったと思うんだけど、本作は上手いことその間逆を突っ走って
猛烈に面白くなってた。正直ここ5~6年の戦隊の面白さはヤバイ。
つまんねーのマジレンジャーぐらいじゃないのってぐらい。
そんでもって、その傑作郡にあってかなり上位にランクインしそうな
キョウリュウジャーなんだけど、お馬鹿路線の戦隊の面白さの再認識に
留まらず、そもそも戦隊ってなんだったのかという原点に立ち返った
気にすらさせてくれる。随所に爽快さや破天荒さがある。
毎週エンディングテーマの最後までネタ仕込まれてて目が離せない。
しかし、
超期待の眼鏡キャラ・ヤヨイちゃんの眼鏡が伊達だったという
まさに誰得展開だけは許すまぢ。あれ考えたやつ東映出禁でいいだろう。
本当にそこだけが残念でならない。他は完璧。


なに、プリキュアの話もしてほしいって?
しねーよ、ここからはセイントセイヤオメガの話だっつの。
セイントセイヤオメガなんてセイントセイヤじゃないとかなんとか通ぶって
切ったにわかセイヤファンはかなりいると思う。
だがしかしだ、神奈川沿岸部随一のガチセイヤマニアの俺から言わせれば
あれは素晴らしいアニメセイヤの続編になってる。
原作セイヤよりアニメセイヤを基にした続編ということもあって、
スチールセイントが隔世を経て活躍してるってだけでも震えるし、
新世代のゴールドセイントがどれもこれも良いキャラに仕上がってる。
アルデバランの後釜のハービンジャーなんて、CV矢尾一樹ってだけで
それならゴールド抜擢納得と言わせるだけの配置だし、
アルデバランの噛ませ臭が一世代経て吹っ飛ぶほどの強キャラ設定に
格上げされたことに涙しないセイヤファンがあろうか!
それでいて、かに座はやっぱりかに座だったというお約束も守ったり、
ムウの弟子キキは規定路線でアリエスを継いだりで、
ゴールド関連は納得の新世代設定になってる。
1シーズン目で切らず、12宮編までとりあえず見てほしい。
先週に至っては、旧ブロンズ・スチールとキキにスポットがあたる
旧ファンへのサービス回といっても過言ではなかった。
それと、基本的に90年代のスター声優を起用しているので、
そういった世代の声優ファンがニヤリとすることも多いのが
オメガの特徴の1つとも言える。 (これはドリランドのアニメにも言える。)
木戸沙織の声優がショコタンというところがちょっと異色だったが、
最近は慣れてきた。 むしろ、旧版の声は神々し過ぎて沙織嬢の年齢に
釣り合わないとアニマックスの再放送を見て感じたぐらいだ。


プリティリズムも語りたいが、ちょっと前に語ったからもういいか。
いやでも、ぶっちゃけ今期イチオシってプリティリズムなんだよね。
以前までのプリティリズムは俺みたいな女児向けアニメフリークにしか
オススメできない代物だったんだけど、今期だけはホントに
でっかいヲ兄ちゃんにもイチオシ。アイカツも充分面白いけど、
プリティリズムに至っては話題が出来に釣り合ってない感が酷い。
確かに第二シーズンのディアマイフューチャーは屈強な女児アニメ
愛好家の俺でも首をかしげた。だが、今期だけはガチ。俺を信じてほしい。

あと、さっき見た ガンダムビルドファイターズ は期待どおり面白かったわ。
ダンボール戦機でおざなりになった「試行錯誤と組み立て」がどこまで
話に盛り込まれるかで傑作かどうかの明暗が分かれると思う。
1話見た限りだと、主人公が組み立て専門っぽいところが好印象。
一応レベルファイブさんの顔も立てて擁護もしておくけど、
ダンボールの新シリーズもつまらなくはないからな。
むしろ、バトルの真相が見えてきてからは抜群に面白いからなアレ。
けど、真相が見えた途端にイナズマイレブンギャラクシーは
ちょっとアレになったのは否めない。 俺はサッカーをやる理由を真剣に考える
新キャラ達のヒューマンドラマ展開はすごく好きだった。一気にぶっ壊された感じで
ちょっと憤ってる。


語りすぎたな。今週はこれぐらいにしとくか。
おまえらも何かオススメのアニメあったらコメントに書け。
ぶっちゃけ最近深夜アニメぜんぜん押さえてないから疎い。
[PR]
by souka_t | 2013-10-07 21:50 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
<< NT11月号 FSS感想 ゲームマーケット2013秋カタログ >>