2013.moon_up_36


月曜です。
またカレー食ったんよ。


もう今週末ゲームマーケットですよって言われても
余裕なぐらい準備は整ってるといった状態で、
先週の制作の話は特に無いね。
取り置き可能なストックはまだまだあるから
遠慮せずどんどん取り置きして欲しい。

という訳で、ざっくばらんな最近のマイブームの話でもしようか。


広瀬ゆうきのポジティブになりたい件
去年話題沸騰のラジオパーソナリティといえば上坂すみれなのは
違いないけど、去年から今年にかけてもう一人個人的に注目してたのが
広瀬ゆうきさん。A&Gの声優ラジオ枠でやってるんだけど、声優って訳じゃなくて
アイドルって枠なのかな。とかくこの人の番組がとてつもなく面白い。
簡単に内容を書くと、"アニヲタ女子がアニメの感想を述べる"たったそれだけ。
なんだ、その程度ならニコドーのナマ主でいっぱいるじゃんとか思うじゃない?
それが違うんよ。桁外れに広瀬ゆうきさんのアニメ語りは面白い。
全く持って分析や解説といった専門家目線は皆無なのだけど、
ひたすらファン語りする様は狂気に満ちている。すみぺとはまた違った
純粋な狂気だ。一回見てくれればその意味がご理解いただけると思う。
自分はこの一年間この番組を見続けてきたが、
その狂気なまでなファン語りに「ブックの存在」をずっと疑ってきた。
結論として、編集点による飛ばしがほぼ無いことや
よく未消化なまま時間切れでトークを終えることなどでブックではないと判断した。
ただひたすら好きなアニメについて語るだけがこんなにも面白いものとは
思わなかった。そして、その語りはことごとく「そのアニメを見ても良いな」と
思わせるところが凄い。それほどに広瀬ゆうきさんのトークは魅力に溢れている。
ここ最近で最も推したいアニメ系ラジオ番組だ。


■ゼーガペイン見直した
パチスロゼーガペイン記念で無料配信されていたので、
久々に全話通して視聴したのだが。やはり何度見ても面白いね。
ループモノの話で今のところ一番好きな話で一番好きな仕組みかもしれない。
こう書くと何か、ループモノ結構見ててループモノ好きかと思われるかもしれないけど、
正直あんまし好きじゃないのよ。
アニメ・ゲームのループモノってユーノ以降は何か食傷気味って感じで、
そもそもループモノってだけで甘えな気すらする。ホント老害乙だね自分。
そんなこと書いといて、自分でも一回ループモノっぽいゲーム1つ作ってるんだけどね。
さてさて、なんかパチスロになったりとゼーガの動きがあったワケだけど、
新作とか作られるんですかねー。どっちかというとゲームを作り直して欲しいね。
話の構造上、不特定多数のセレブラントプレーヤーが参戦するソシャゲ
とかになっちゃうのかな今制作すると。

■クリーミィマミ見直し中
クリーミィマミ30周年記念サイトで毎週1話づつ、
バンダイチャンネルの無料枠で毎週3話づつ配信中。
ひさびさに見たけど、クリーミィマミって結構ファンタジー路線だな。
ユニコーンとかドラゴンとか出てきたり、時には座敷わらしが出てきたり、
人外キャラのスポット参戦に事欠かないエピソード群ですわ。
その分、アイドル活動の方はデフォルメ的にオミットされた表現だけど、
あの当時はリアル路線のアイドルモノって無かったから充分あれで
アイドルモノとしてまかり通ってたんだよね。昨今と比較するなら、
リるぷりあたりとタメはれる内容だと思う。
それにしても当時見てた時は、トシオがことあるごとにマミのコンサートに
行ってるから、コンサートの子供料金ってめちゃくちゃ安いのかと
思ったほどで、その後、何かでチケット価格を知ったらファミコンカセット
1個分か7割ぐらいの値段だったもんだから、このトシオってガキは
相当金持ちのボンボンなんだなってずっと思ってました。
あと、今見るとミドリちゃんが不憫過ぎる。

■アイカツとプリティーリズム
深夜アニメや話題作には脱落気味ですが、この2つだけは毎週チェックしてる。
アイカツはなんというか、清く正しく真っ正直にアイドル活動してますなあ。
このピュア過ぎて、時にはヘンテコなスポコン風味なところが、おっきなお兄さん達
を虜にしているんでしょうなあ。自分もその一人です。
対して、プリティーリズムはシリーズ3作目にして大改革を成し遂げたと言えましょう。
一作目は女子小学生年長スレスレまでを狙った方向性が良く、
解散してしまったとはいえリスプの曲も名曲が多かった。
二作目においては、主人公をアクの強いキャラに変えたまでは良かったものの、
あまりのキャラの多さと単調な展開に多くの大きなお兄さん方の脱落があった
ことだろう。正直、自分も危ないところだった。終盤、あまりに多数キャラの声優が
被るため、伊藤かな恵ちゃんが演じるキャラ同士が対決する伝説のかな恵回があり、
さすがの女児向けアニメソムリエの私もぶっ飛ぶところだった。
そのせいあってか、多くの不安要素を抱えてスタートした第3シリーズであった。
しかし、フタを開けてみれば、この第3シリーズがすこぶる面白い。
アクが強い主人公から、あっさり風味の主人公に変わり、
その声優に手堅い加藤えみりさん。基本プリズムステージは3人ユニットという
路線は継承し、主人公の仲間にはおせんべい屋さんの娘とライブハウス屋の娘。
そして、ステージ活動とは別にショップ経営で序盤を盛り上げ、
ライバルグループとの確執や各々のエピソードを深く掘り下げる。
シリアスシナリオメインの方向性にシフトチェンジした効果が大きく、
毎度毎度、人間関係でのドラマの見せ方が抜群によくなった。
まさしく、第二期の勢いだけの話を完全補強した形となり、更に
3シリーズを経て蓄積されたステージCG技術は安定したモデリングと
ダンスモーションを見せ、かつ、あらゆるアイドルステージに
勝る2D3Dを織り交ぜたステージの見せ場作りはプリティリズムが培った
独特の魅力に溢れている。どちらかというとカレイドステージのようだ。
だが、完璧なまでに改革されたプリティリズムにも1つだけ不満点がある。
それは曲だ。 小室哲也やTRFの曲のカバーをやることになんの意義があろうか。
彼女達は未来に生きる子達だ。我々老害の手垢が付いた曲を歌わせ躍らせることに
一週回って新しいなどという感情は沸かない。極めて束縛的に感じる。
ここだけはとてつもなく寒いものを感じる。もっと若い連中に曲を書かせてやれば
いいのにと思う。残念でならない。何度プリズムストーンを買ってアンケートハガキに
苦情の限りを書き連ねようかと考えたほどだ。いやはや残念でならない。



という訳で、明後日は私の誕生日だ。
おまえら期待してるからな!!
[PR]
by souka_t | 2013-09-09 20:30 | 日々よしなし事系 | Comments(5)
Commented by 911 at 2013-09-10 01:43 x
お誕生日おめでとうございます。
これからの一年が素晴らしい一年になりますように(^-^)
Commented by 911 at 2013-09-10 01:44 x
一日早かった><
何を寝ぼけているんだろう>自分
かたじけない・・・
Commented by souka_t at 2013-09-10 06:41
明日やでえ!
Commented by 5000円下さい at 2013-09-11 22:25 x
おめでとうございます
Commented by souka_t at 2013-09-12 07:17
あざっす! うちの口座に5千円振り込んでもいいのよ!
<< NT10月号 FSS感想 戦列ペンギン 完成 >>