【日々】大河ドラマ【第10回】
a0011717_211127.gifわたしはガキの頃から大河ドラマが大好きです。
さて 来年の大河はどうやら義経らしいですが、
またまたキャストに若者ウケしそうなジャニーズ系俳優を投入するそうです。

各所で不安がられている事ではありますが、
自分的にはそんなことどーでもいいです、面白ければ。

そもそも源平の時代の資料なんてどこまでが脚色かわからんシロモノ
です、人物がカッコ良かったカッコ悪かったなんて本当のところ
誰にもわかりません。
かと言って浄瑠璃や歌舞伎で造り上げられたイメージから逸脱し過ぎると
なにがなんだかわからんビジュアルになるので、ほどほどが肝心。
だからイケメンどころを義経に当てる事事態は間違ってはいないと
思うんですよね~。
去年の武蔵もキャストでコケたと言われてますが、わたしはそれほど
つまらなかったとは思ってないし、あれはあれで強烈な大河武蔵のキャラ
を打ち出したと思います 「俺は強いーーっ」と叫ぶところなんて特にね。
たしかにテレ東の12時間時代劇の武蔵のワイルドさにはかなわんけど、
アレはアレで良かった。
「武蔵」はキャストよりも見るべきは演出だったと思う、
初回の黒沢映画パクリ疑惑を差し引いても、所々にいい見せ場が
あったと思う、寺堂での戦いとか宍戸との対決とか宝蔵院との対決とかとか、
悪くなかったと思うけどなあ。
それとたまに予告で5話ぐらい先の話を一挙に流すところとか上手いと思った、
アニメで言うところのOPにその回のハイライトシーンを入れる(レイズナーとか)
ぐらいの良いアイディアだろう。
今の仮面ライダーブレイドもおぼろげに5話先を見せてイッキに釣ったほうが
いいんじゃないか?と思えるほど、 まあ武蔵はそんな感じかな。

さてさて今年の「新撰組!」
これまたキャストでブーブー言われているそうですが、
わたし的にはそう間違ってはいないと思うな。
近藤勇を実際に残っている写真と生き様うんぬんで「厳直」なイメージ
が一般では強いのかな?
わたし的には「和」だと思うねぇ 調和の和。
あまり資料的にはっきりしていない試衛館の剣客たちの集まった経緯、
この想像を補完するには中心たる近藤は「和」でないといけないと思う。
最も注目していた前半の試衛館メンバー集合のエピソードは、
さすがは三谷脚本といった感じに、終盤への伏線を貼りながらも
よく文献を消化したと思う。
ややトンデモ気味だけど、この辺をにわか大河ファンは勘違いしているね、
そもそも大河ドラマは史実に忠実な話を打ち出すかと言えばノー、
実は大河自体結構トンデモ、このあたりしっかり意識していないと真の大河
ファンとは言えないと言ってもいい。
では何が史実か?となるが、司馬遼太郎が書いた小説が史実と勘違いする
者もこれまた多し、そもそも司馬先生が書いた武蔵自体ほぼでっちあげ、
小説はやはり小説でしかない。
では本当の史実とはなにか?となる、それはもちろん
「現存している信憑性の高い文献」となるわけだが、意外とこれがつまらない、
ドラマとして見せるには脚色をしないと毎週1時間など到底持たないのである。

遠回りしたが、新撰組!の脚色は正直見事だとわたしは思う。


ちなみに日本ではなく中国の文献はオリジナルもかなりトンデモなので
脚色しなくてもかなり楽しい(爆)
[PR]
by souka_t | 2004-04-21 21:12 | 日々よしなし事系 | Comments(3)
Commented by 湘南のエロい人 at 2004-04-23 03:33 x
たまには本文に即したコメントを寄せてみるぜ。

私は、ほとんど武蔵を見ていなかった子なのですが、一点だけコレはどうだろうと思った事を上げてみるよ。

「武蔵にラブロマンスは必要だったのか?」

私の中での武蔵は、3次元の女には興味なし!なのでこの一点がとても違和感に感じたのですよ。

もっと殺伐としてちゃ.... まずいのかなぁ。やっぱり矢張。
Commented by souka_t at 2004-04-23 12:30
お通がいるから避けてはとおれない要素のような気もするけど、
あれはちょっとな~、
前半から中盤の会えそうで会えないすれ違いを
上手い事お通側で柳生の動きを書いてた点はなかなか
だったけど、見ててだりい点の方が圧倒的に多かった。

その点はほっとんどラブ無しのテレ東の12時間の方が
硬派の武蔵のイメージとしちゃ完璧に近かったな、
何度も年末に再放送してるところからするとあれって
やっぱり人気あったんだねえ
Commented by souka_t at 2004-04-23 12:31
ちなみに一番好きな武蔵は
ムサシロードのムサシ(爆)
<< 【日々】久しぶりな飲み【第11回】 【アニメ】進化する食玩の世界 >>