【ボードゲーム】マッハストラグル ソロ回し

GM春の戦利品消化が追いつかずしてGM秋の出展入金を
済ませた昨今ですが、皆さんは遊べてますか?
たてつづけにボドゲフリマがあったりと、
このままではどんどん積まれてしまうので、
8月中は積極的にソロって行きたい!!
無論、対人戦に備えてだッ

そんな訳で、マッハストラグルの巻。

このゲームは2人用の飛行機競技。
レッドブルエアレースの同時に飛んで弾もぶつける版。
撃墜させるのではなく、より華麗に得点した者が勝ちとなる。
ポイント方法は以下のとおり
・攻撃を相手に当てる
・攻撃を受けず相手より前に出てラウンドを終える
・相手の攻撃を回避する




1度ランダムオープンで対戦COMを仕立てたが、
イマイチ張り合いがなかったので、
6つの戦術方針を設定しダイスロールで実行することとした。



初期ロールでリーダー決め。
こちら5 相手4 でこちらがリーダーに。

ダイスはこののち1の目になり、
点数カウンターとして使用される。


第一ラウンド
初手攻撃を仕掛け、相手の減速によりレンジ1攻撃がヒットで1点。
2手目の相手の攻撃はこちらの加速によりレンジ2になり無効化。
そしてこちらが前に出た時点でラウンドが終了したので更に1点。

自機3点 相手1点


第二ラウンド
急加速を駆使した相手の絶妙な機動により、
こちらの攻撃がレンジ0でかわされる。
点の変動はナシ

自機3点 相手1点


第三ラウンド
なんとなく初手に回避を設定し、
相手の初手攻撃の方針と上手く噛み合い、回避点獲得 1点。

自機4点 相手1点



第四ラウンド
一歩下がり攻撃しまた加速して進む、
ヒットアンドウェイを試みて成功。 攻撃1点。
相手の攻撃はレンジ0で無効に。

自機5点 相手1点


第五ラウンド
初手攻撃からの回避して加速でトップを確保し続ける保守策。
見事1手目の攻撃が当たり1点。既にここで6点となり勝ちが確定するが、
相手の減速2回からのレンジ2攻撃が見事ヒット。1点
最後の最後にカマを掘られた。

自機6点 相手2点



リザルト。 6対2

なかなか前進後退の読みが熱い。
今回は一方的だったが、COM設定があまり意外性のない
方向で作用してしまったので、おそらく対人戦はもっと悩ましいはず。




2戦目は以前イリパの時にいただいたミニタイル版で!
内容はそのままでサイズが半分以下になってます!超ミニ。

今度は相手がリーダーでスタート。


第一ラウンド
互いに1手目攻撃でレンジ0のため無効。
更に前進しリーダーも変わらず。

自機1点 相手1点


第ニラウンド
相手の初手攻撃。
しかし加速でレンジ0を確保しつつ無効に。
更にこちらの攻撃を相手が回避運動で華麗にかわし1点

自機1点 相手2点


第三ラウンド
ここは一旦ケツについて一発きついのを食らわせてやろうと
減速を繰り返し、見事レンジ2でヒット 1点。

自機2点 相手2点



第四ラウンド
減速の後は加速しつつ仕掛ける。
一撃を食らわして距離をつめようと思いきや、
相手と同時に攻撃。弾は両機に命中。互いに1点

自機3点 相手3点


第五ラウンド
もう一度減速してケツをつついてやろうとするも
減速中に手痛い1撃をもらう。
更に、レンジ2での攻撃を相手に回避運動。一気に2点リードされる


自機3点 相手5点


第六ラウンド
やけくその初手攻撃。
しかし、それを見切られ初手回避運動。
これで勝敗は決した。

自機3点 相手6点


リザルト。 3:6 敗北

いやはや、リーダーの回避はオイシイ。
しかもリーダー権はよっぽどじゃないと奪えない感じがする。
このあたり対人だとどうだろう、これは対人でやってみたいね。

回してみた感じでは、ひたすらポジション取りの読み合いが熱く、
1ゲームも短めで遊びやすい力作でした。 これはなかなかいけてます。
あと、タイル版はオリジナル同様のプレイ感で、そのリサイズの上で
まったく損なうものがなく快適に遊べました。いいですよこれ。
[PR]
by souka_t | 2013-08-09 22:57 | ボードゲーム | Comments(0)
<< 2013.moon_up_32 アロマ >>