【同人制作】蜃気楼の12時間 ver3

GM春より前から練りこんでいた
ショーナンゲームズ16番目の作品。
ボー研の方々の協力により2度のバージョンアップを重ね
いよいよ東京ボードゲームフリマで先行版をリリース。

本作は4人の紳士による立ち回り劇。
館の中での12時間に渡るサスペンスを体験する



これがプレイ時の風景。
時計のマークのカードがそれぞれ館内の1時間を表す。



現在マーカー。
これが乗るカードが現在を表す。


紳士達。
プレーヤーの分身たる4人の紳士。
それぞれに勝利条件が設定されています。


イベント。
生命の危機を促す、さまざまなできごとが起こります。



スキルカード。
プレーヤー達の持つ特殊能力を表すカード。
それぞれの効果が身に降りかかる災厄を払い、
また他人に危害を及ぼす。




すごく小数部ですが、明後日のフリマで出します。
これまた4人専用とだいぶ場を選ぶ内容ですが、
15~30分ぐらいの軽めのゲームになってます。

詳細はこちら
蜃気楼の12時間ウェブサイト
[PR]
by souka_t | 2013-07-26 20:02 | 同人ゲーム制作 | Comments(0)
<< 東京フリマ準備完了 【同人制作】慈悲なき大地の大君主 >>