イリクンデパーティー3行ってきました


世の中に"先生"の称号持ちは星の数ほどいます。

寝取られ先生
ぷよぷよ先生
ヴァンパイアレイン先生
カタン先生
ファミカセ仕分け先生
モンハン先生
攻略本先生
ジップロック先生
マヨネーズ先生
パチスロ預金先生
軽井沢先生
あやつり人形のアサシンで刺すだけ先生
お弁当箱先生
ハバネロ栽培係り先生
女児向け作品先生
ゲキカラ先生
人喰い酋長先生
ブーンドドド先生
スポーツゲーム先生
麦ちゃん先生
ロリコン(罪)先生
ロリコン(軽)先生
ロリコン(重)先生
ロリコン(病)先生
チキンラーメン枢機卿先生
パスタ原理主義先生
緑のたぬき先生
エースコックジャンキー先生
菓子パンと水先生
マルイ至上主義先生
グロックだけ買い続ける先生
50連マガジンすぐフィールドでなくす先生
FN社先生
トイざらすハンター先生
あみあみ依存生活先生
コノザマ先生
カルチャーブレイン先生
ギラドーガ先生
…などなど

今まで遭遇してきた先生方は恐るべき個性を発揮してきた
オンリーワンな存在でしたが、やはり先生は先生止まり
でしかないのです。

世の中には「大先生」と呼ばれる、
唯一無比、個にして全の超越した人間が存在するのです。

先生のひとつ上が大先生と思ったら大間違い。
先生方を遥か天空から見下ろす者、
天を取る者こそが大先生なのです。
修練と探求によりなれるのは先生まで。
大先生となるには生まれ持ったナニカが必要不可欠で、
そのナニカが何なのか、凡人である我々には分かりません。

そんな一時代一人現れるか現れないかも分からない
大先生の片鱗を観測したのが、今回のエピソード3。

取り扱うゲームが多いのでそそくさと話を進めることとして、
毎度恒例の調布の某学術機関にて、ボードゲーム会!

ショーナンニョロニョロフェスタ愛好会からは、
ショーナン・ヘムレン えーおーあい 参加
ショーナン・スニフ ゲットマン 連絡不備で不参加
ショーナン・フローレン りっちゃん 参加
ショーナン・スナフキン あ~る 仕事のため不参加
2人で参加しにいくこととなった。


機関の一室では、既に一卓で電力会社が全力会社。(街コロだった)
それでは、もう一卓で早速テストプレイを行おうということになり、
試作ゲームをテストプレイ。


■きまぐれ☆予報士(仮)

明日は晴れか?雨か?天候を予想して傘を持っていくか
服を干すかを決めるお天気予想ゲーム。
前回の卓会でも調整が行われ、
今回はカレンダーボードという大掛かりな
追加要素を引っさげて登場。
協力要素とブラフ要素を兼ねそろえたゲームにする予定
であったところ、ブラフ一本に絞る方向にシフトに
なったっぽい。
日照り・台風ルールとカレンダーのちょっとしたギミック
で確実に面白くなってました。 
GM春でショーナンブースから出る予定です!




■謎の組織のゲーム(仮)

世の流れをシミュレートした「経済ゲーム」
赤黒2つの属性の人材を登用し、
状勢により赤黒に対応した悪評がプールされ行き、
場合によっては人物を売り出して資金に換えたりする。

秀逸なのは状勢の変化。
これがなかなか覆らないようにできている。
ゆえに、ほぼ状勢には乗っかっていくしかない。
世渡りの上手の重要さと、
世相に反するリスキーさを精密に表現した怪作だった。

テストプレイ卓を囲んだりっちゃんが相当なお気に入りだったらしく、
3回ぐらいリトライリクエストを出してた。


帰り道にふと思いついたけど、
もし、流行に乗った女の子を雇い入れて
悪評が溜まったら追い出すアイドル事務所経営ゲームだったら
ドルオタ先生のゲットマンはどう思っただろうか。



■宇宙で陣取りするゲーム(仮)
宇宙に基地を設置し、縄張りとなる小石を置き繋げて、
マス目に描かれた得点を取り合う宇宙覇権ゲーム。

ボードは4面を組み合わせて使うため、
毎度地形が変わり、勝負どころや展開が異なる。

レっ・・ !!

基本カードプレイで座標を決めて
基地設置してから石の隣接設置を繰り返すだけ。
やることはかなり分かり易い。
がしかし、
とにかくボーナスポイントを取るための
設置場所が重要で、位置取りを誤ると
獲得競争に後れを取ってどえらい事になる。
それは即ち宇宙開拓競争のシビアさを上手く表現してる。
カードの方にも反転効果やボーナスの燃料など
巧に仕込まれてるあたり、抜かりないゲームでした。



■乾隆後宮 & ウサギの騎士団とペンギンの軍隊

ベータ版はクリスマスまでに彼女を作れなかった
ゲットマンさんに不評でしたが、新バージョンはなんとか
ゲームになったかなって感じでした まる

しばらくドイツ人になってたので、来週から制作トピック
真面目に書きます><

乾隆後宮の上級ルールにはいおさんの案、
ウサペンのアドバンスドルールにはくむらさんの案
が色濃く反映する予定です。
そのうち正式に一品コラボりたいですねえ。


ここから、GMの注目作品をプレイ開始。
ヤケドしそうなホットなゲームをプレイ!



■みーときゃっち!

出された肉に5種類のパワーが違う動物を当てて
バッティングを繰り返すゲーム。

これは凄い。
やることはハゲタカの餌食と似たり寄ったりなのは
確かなのだけど、これはより洗練されてるよ。
ポイントになる肉の持ち越しのルールはこっちの方が
圧倒的に面白い。
パワーバランスの逆流が猫止まりというのも、
なにか昔遊んだトランプのゲームで
結局2が一番強いっていうヤツを髣髴とさせる。
ある種のノスタルジックさがある。

あと、アートワークな。
これはかなりイイ。大好き。
ボードゲームと言ったらこういうのほほんとしたやつがいいんだよ!
分かるか、こういうのだよ。こういうこと。
保育園のお遊戯箱に忍ばせても安心感がある感じでさ、
遊ばしたらドギツイジレンマと冷酷なまでの勝負の世界で
園児悶絶死。 こうでしょ! そうやって根底からゲーマーを
増やしていかなくちゃいかんのだよ日本は。
ばかやろうパズドラやってる場合じゃねーぞ。
みーときゃっちはまさにニュータイプのためのゲームだろう。



■フランケンデリバリー

マニュアルとは別にショートストーリーが
付属されているので、まずそれから読む面々。

「おばちゃんが・・・」

「そっちは食うのかよッ」

「そんなのって・・・そんなのってないよっ・・・」

「つづく・・だと」

あまりの驚愕展開に、このゲームをプレイしてみたく
ならないわけが無かった。

そして、読んだ後に見るカード群は、
言い表し難い狂気を纏っていた。

テストプレイ卓から継続して座す
屈強なボドゲーマーの面々にとって、
もはやこのゲームのプレイは不可避。

はやく、はやくインストをはじめてくれっ
探究心が炉心融解しちゃうよおッ

耐え切れぬゲーマー達の前に
むぎん氏が切り出す

「このゲームは神経衰弱です」

それが本物の狂気の始まりだったー



■ドラゴンズストーン

同じイナズマイレブンファンと判明し
私の中では話題沸騰中のパワーナイン氏の
GM2012秋作品。

ドラフトで手札を形成し、
親のリードの後に一斉に1枚づつぶつけ合い、
勝った人が勝利点の財宝を1個づつゲットする
ドラフト&カードバトル。

カードの特殊効果が他のカードへ相互に作用する
頻度が良い。出す順番を考えるだけで
このゲームは楽しいねえ。
今回2度プレイしたけど、それだけでも
特定のカードを即死させる効果や
青のカードのフラッグと現ラウンドの財宝とシンクロさせて
+4もバーストする効果とかキマったし、
とにかく、ジャイアントキリングが起こるね。
爽快だよこれは。


緑の暴れん坊っぷりとコスト喰いっぷり、
赤同士の妙な連携、
このあたりの属性ごとの特性は
元MTGプレイヤーにはたまらない。
TCGとかもう一度はじめるのはキツイものがあるけど、
こういうのはいつからでも思い立ったその時に
始められるからいいね。
こういうのがもっと流行るべきだと思うんだ。



ラストは重量級。
事前にいろいろ用意してきたアレやろうということで


■メルカトル

インストサマリーを用意して挑み、
ゲームが正常に回るぐらいには行き渡ったと思う。
全員豪傑なだけあってか、初戦で僅差を争う戦いを演じた。
今回もウエストファリア条約が締結されるまでには
至らなかったが、そのうち達成するメルカトラーが誕生
するだろう。

そして今回、契約カードで重大な見落としが発見される。
条件で資源の品種だけ指定してあるカードは
"同じものを指定の数"と"任意の指定数"
が存在することが判明した。
マニュアルに契約カードについての細かい注釈が無かった
と思ったから注意だ。達成難度がかなり変わってくる。
メルカトラーへの道は険しい・・・


夜も耽ってきたのでここで解散となった。
おい、冒頭の大先生の話はどうなった?
月曜更新で徹底解説に決まってるだろう!
[PR]
by souka_t | 2013-03-17 10:51 | ボードゲーム | Comments(2)
Commented by さざ at 2013-03-18 19:09 x
カルチャーブレーン先生ですとッ!?願わくはぜひ一度お目通りしたいです。
Commented by souka_t at 2013-03-19 03:57
1度だけコミケで会ったのよ。隣のサークル関係者が
元カルブレの社員さんで、まだビルだった頃の話とか、
64移行期前後のゴタゴタ話とか聞かせてもろたよ。
あと、心眼システムを有志で作ってるとかいう話も聞いたけど、
もう10年ぐらい前の話だから、どっかで公開とかされてるんかなあ。
<< 2013.moon_up_11 第三帝国日報 NO.06 >>