2013.moon_up_10



春の陽気になり、GM2013春も来月と迫ってきたので、
ここはひとつ "サタンガンダムについての考察" を書き残しておこう。


サタンガンダムとは、SDガンダムの派生作品
ナイトガンダム物語に登場する最初のボスキャラである。
その出自は、別シリーズのSD戦国伝に登場する
武者ガンダムの一族にまで辿る。
ガンダムMK-3をモチーフとする武者が異界へと
飛ばされ、その時にナイドガンダムとサタンガンダムに
存在が分裂した。
また、サタンガンダムは第二形態を有し、
ブラックドラゴンへと変身する能力がある。

この出自にもあるように、ナイトガンダムシリーズの
キャラクターにはそれぞれ原作である機動戦士ガンダムからの
モチーフがある。ほとんどの場合において、名前がそのまま
モチーフへと直結するのだが、サタンガンダムだけ
モチーフが不明である。
当時からこの謎についてかなり考え込んだのだが、
どうやら公式の回答では"モチーフ無し"との見解が出たらしい(ネット伝聞)。
だが、それは納得いかない。
何故ならば、私が立てた仮説の数々は一考の価値があり、
辻褄が合うに足る一致要素を示しているからだ。
では、諸説を公開しよう。


・プロトガンダム説
RX78-1プロトガンダムは見たとおりの黒い初代ガンダム。
サタンガンダムの頭部と中身、ブラックドラゴン時の全身の
ブラックカラーと一致するところから唱えられた一説。
試作ガンダムということで、オリジナルであるRX78ガンダムと
対になる存在という意味でもプロとガンダム説は有力であった。
ナイトガンダムは一応ガンダムMK-3をモチーフに持つが、
スダドアカワールドにおいては初代ガンダムをモチーフに持つ
キャラクターがいない(私がコレクトしていた第四弾までは無かったと記憶してる)。
よって、スダドアカワールドにおいてはナイトガンダムは
初代ガンダムとして扱い、サタンガンダムはその対になる存在である
プロトガンダムとして扱っても良いのではなかろうか、という所までが
プロトガンダム説である。


・Gアーマー+ガンダム説
当時、サタンガンダムのBB戦士を組み立てている時に
この説を思いついた。
Gアーマーとは、初代ガンダムで少しだけ登場した、
ガンダムの支援や合体拡張をこなす機体である。
組み合わせによりいろいろな形態があるが、
特にガンダムがまるまる中に納まったGアーマー形態に
注目していただきたい。
サタンガンダムのキットを触ると分かるが、
ブラックドラゴン形態に変身する際に、
身体を包み込んでいるマントを大胆にオープンする。
この包まれっぷりがGアーマーに収まるガンダムの構造を
彷彿とさせるのだ。
そして、サタンガンダム時の青を基調とした装飾物と
ブラックドラゴン時の各部の赤い部分がGアーマーの
カラーリングに近いものがある。
また、ナイトガンダムシリーズに存在しなかった初代ガンダムが
サタンガンダムとすれば、至極自然。
当時もっとも推していた説である。


・Sガンダムのバリエーション説
分裂したサタンガンダムとナイトガンダムは
その後再び1つとなり、スペリオルドラゴンへと変身する。
そのスペリオルドラゴンはSガンダムが元である。
ここで注目すべきは、融合後に"ドラゴン"の名称が残っている点。
サタンガンダムの変身後はブラックドラゴンであり、
伝説の武器の補強無しのナイトガンダムに比べ、
圧倒的なHPの差がある。
スペリオルドラゴンを構成する要素は
ブラックドラゴン優位のものではなかろうか?
ならば、同じSガンダムのバリエーションの1つと見るのも
自然と言えよう。ブースターユニット換装をそのまま
サタンガンダムからブラックドラゴンの変身と捉えるのも面白い。
有力な説の1つであると当時思った。


・ガンダムMK-3説
じゃあナイトガンダムと同じガンダムMK-3なんじゃね?という説。
フルアーマーガンダムMK3などの派生MSVが
確かにブラックドラゴンを髣髴とさせるボリューミィさがある
ともいえる。 だが、サタンガンダム形態のこじつけが弱く、
この説はいささか弱い。



昔からここまで真剣に考察を重ねてたというのに、
元ネタ無しなんてあんまりだよ…。


好評なら次回は闇皇帝に関する考察につづく。
[PR]
by souka_t | 2013-03-11 18:07 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
<< 腰越中学校新春コンサート告知 第三帝国日報 NO.05 >>