2013.moon_up_07
これは、和訳マニュアルが無いゲームを買った男が、
右往左往しながらなんとかプレイ可能な状態にしていく
努力をする中で、思わぬ事実を知る話である。





以前から度々ほのめかしているが、
ショーナンさんは、あまり話題に上がらない
ゲームを拾い上げてくることを、
電源・非電源問わず好んでいる。

小中高校生と、ままならぬ時期に
おいては、さすがに「ハズレを引きたくない」
という気持ちが強く、ファミ通の評価などを
大いに気にして、鉄板だけを拾い上げる
俗人でもあった。

では、俗人も過ぎたる者になれば何とする?

それはスキモノ。
即ち数寄者である。

独自の価値観により収集をし始めた時、
ゲーム数寄者への歩みが始まるのだ。

近年、ショーナンさんが電源から非電源に
大きくシフトを替えたのも、
電源において数寄心を揺さぶられるタイトルが
不在であったのも大きいと言える。

非電源においては、国内外ともに
数寄心を動かされる品が多い。
とくに国外には無尽蔵にそういったものが
生み出され、どこから手をつけたものか
分からぬと言っても良いほどだ。

そして先人達は言う
「ボードゲームとの出会いは一期一会」と。

ゲーム以前に玩具ジャンルを経ている
ショーナンさんのような人からしてみれば、
恒例な言葉であり、かつ身に覚えが有りすぎる格言である。

故に、毎度のゲームマーケットをその一期一会の場と定めている。
前回のその出会いとは、パンゲアの征服者であり、カルカソンヌ2、
そして、この



「シカゴギャングスター」

今回の一件は、このゲームを中古スペースで
買い上げたことに端を発する。

ゲームマーケットで見かけた時、
シカゴギャングスターの名には聞き覚えがあった。
終始赤ずきんちゃんコスプレに視線が釘付けであった
ゲットマンにして

「ああ、聞いたことあるよ」
「たしか結構おもしろいって評価だったような」
「俺は赤ずきんちゃんを見たいから話しかけないでくれるか」

と言わしめた。
ショーナンさんもそうかそうかと、
一度500円という値札を確認して帰ってきたが、
すぐさま買いに戻ったという購入小話まである。

どう転んでも中箱で500円はうめえうめえ、と、
したり顔で家に帰り箱を開けると


ドイツ語マニュアル



ドイツ語コンポーネンツ



**和訳が入ってない!!**

ドイツ語なんてシュワルツランツェンレイターぐらいしか
知らないショーナンさんにとって、これは誤算であった。
まさにイノシシ武者の所業、ビッテンフェルトの言や悪し!!
和訳マニュアルの有無は確かめるべきであった。

それから電脳世界への旅が始まる。

和訳を求めて、
検索、検索、検索、検索。

結果、和訳は見つからなかったのだが、
どうやら普及してるシカゴギャングスターは
コスモス製であると知る。
例えばこちらのレビューとか、
はたまた、こちらのレビューとか、
テンデイズにも紹介がある。

ショーナンさんは、こう推測した。

手元にあるシカゴギャングスターは旧版であり、
カードのデザインも異なる。
2009年頃に出回ったのはコスモス製の新版。

手元の旧版の時点ではさほど話題にならず、
普及した新版には既に和訳が付いていたので、
旧版の時点で作成された和訳マニュアルは存在
しないのではないか。

ゼツボー的な仮説を立てて、2012年が暮れ、
2013年を迎えた。

それから放置し続け2月。
そろそろ重い腰を上げて、エキサイト翻訳を駆使して
マニュアルを訳していこうかと思い立ったその時である!

なんとなく開いたイエローサブマリンの通販ページ
驚くべき画像が。


え・・? えっ!? ええええ???

比べてみよう


イエサブ

手元のゲーム


ええええ?
オラのシカゴギャングスターが
イエサブでファミリービジネスって名前で売られてる!?

可能性は2つある
1つにアートワークを使いまわしている説
2つに日本で売られる際にタイトル名が変わった説


そこで、ファミリービジネスで検索してみることにした。
すると・・・

まずこのレビュー
テキストベースで詳しいのはここ
みんな御馴染みのここにもっ。

いやまて、まてまてまてまてまて、
1つ目と3つ目のファミリービジネス、
手元のシカゴギャングスター表記になってるファミリービジネス(ややこしいな)
と絵柄が違う。やっぱ別物なんじゃね?

一応、ファミリービジネスの方の和訳も探してみて、
コンポーネントの種類と比較しようということで、
検索すると
盛岡思考遊戯倶楽部さんに和訳が!!

早速照合してみると、
それらしきカードの種類とコンポーネント数が一致している。
ほぼ間違いない。これはファミリービジネスだ。

要するに正解は、

手元にあるシカゴギャングスターは、
母国ではこのネーミングでリリースされたが、
いろいろあって他国ではファミリービジネスという名に変わった。
そして、御好評につきファミリービジネスは重版し、
この手元にあるのはアートワークが換わった
「新版のファミリービジネス」

だったのだ。

二転三転する事実に驚愕し、
盛岡思考遊戯倶楽部に敬意を払いつつ
和訳シールを自作することにした。



盛岡和訳を更に簡略化し、
カード内のフレームサイズに収めた。

印刷はローソンの両面印刷を利用。
裏面は透けないように黒一色で埋められている。


はじめてカードに和訳シールを貼る作業。

結構つらい作業だが、
同人ゲームを作るのに比べればだいぶ楽。
無事日本語化終了となり、
問題なくプレイ可能となった。


A3では余り過ぎるので、簡易サマリーもつくっておいた。
これでインストも楽にできることだろう。万全だ。


さて、後はプレイの機会を得るだけと思われたが、
最後に問題が残った。

このゲームには1つ謎のカードが存在する。

上の写真がそのカードなのだが、
盛岡和訳にはこのカードについては何も書かれていなかった。
あくまで推測だが、このカードは旧版に存在しないのではないだろうか?
ちなみに訳してみると、
プレイヤー間で服を脱いで、その服を交換するとかしないとか、
ちょっとしたジョークカードと思しき内容。

別にこれだけ抜いて遊べばいいのだが、
これだけ扱い方が謎というのも締りが悪い。

もし、この新版ファミリービジネスをお持ちの方がいらっしゃったら、
このカードがどう扱われているか教えていただけるとありがたい。


という訳で、ここ最近自分の中で話題沸騰だった
シカゴギャングスター改めファミリービジネスでした。
やりてぇなあ やりてぇ~
[PR]
by souka_t | 2013-02-18 20:10 | ボードゲーム | Comments(3)
Commented by lishou at 2013-07-18 01:43 x
Okay you are true, YouTube is finest video sharing site, because YouTube is a lightly no much streaming time rather than other web pages.
Commented by zi xiu tang at 2013-07-18 01:43 x
No matter if some one searches for his vital thing, so he/she needs to be available that in detail, therefore that thing is maintained over here.
Commented by ABCAcaiBerryCap at 2013-07-18 01:43 x
Wow, this piece of writing is fastidious, my sister is analyzing these kinds of things, thus I am going to convey her.
<< 【落語】朝日名人会ライヴシリー... 【同人制作】ウサギの円卓の騎士... >>