【プラモ】レジェンドBB・騎士ガンダム

数年ぶりのBB戦士です。
最後に作ったのはゼータガンダムかノイエジールあたり。

おもえば初代ガンダマンからのフリークだったので、
BB戦士シリーズの息の長さを実感する昨今です。

一番ハマってた時期にお気に入りだったのが
GアーマーとDXバーサルナイト。
末期ではV2ガンダムがことのほか気に入り、
今でも未組み立てのストックがあるほど。

今回はなつかしいの初代ナイトガンダムをリニューアル
ということで、久々の懐古買い。
元々のナイトガンダムも上手いこと商売に乗せられたもので、
通常・三種の神器版・デラックス版と当時買ってました。
完成品フィギュアのSDX版を触ったのも記憶に新しいですね。

昨今のバンダイのプラモデルがどれほど進化したか見ていきましょう。



ランナーと取扱説明書

ジージェネシリーズからスプリングギミック抹消傾向でしたが、
その方向性まっしぐらですね。
元々BB戦士のBBって、BB弾を撃ち出すバズーカギミックありきの
ネーミングで定着していたような感じでしたが、昨今はもう
発射ギミック自体無しの様子。
電磁スピアの先端ってスプリングで飛んだんですよ昔!

ポリキャップの進化は面白いことになってますね。
私の記憶が確かなら、ガンプラにポリキャップが導入され
はじめたのは逆襲のシャアシリーズの前後あたりだった気がします。
BB戦士にポリキャップ技術がフィードバックされるのは
やや遅れて、初代武者ガンダムあたりからかと思いました。
BB戦士フルアーマーZZあたりは動かせば動かすほどゆるゆるに
なってしまった記憶があります。
さて、現世代のポリキャップと言えば、
球体ポリキャップによる球体ジョイントで大幅な可動範囲を実現。
昔は肢体の根元で縦横1回転しか可動しなかったものが、
今やフレキシブルに斜めへも可動します。
なんと素晴らしいことでしょう。
私ぐらいともなると、このポリキャップの生み出す可動範囲だけで
飯三杯はいけるものです。

ランナーにも一工夫されていて、
切り取る根元が極細になっているため、
もぎとっても綺麗に作れます。
これは確かダンボール戦機のプラモでも見た工夫ですな。
それでもニッパーで綺麗に切る!

ランナーのカラー分けも、昔に比べればえらいことです。
成型色がよほど気に食わないかぎり、大掛かりな塗装は不要です。




ちょっとがんばればすぐ完成します。
オプションは腕2個とケンタウロス形態用パーツ。
剣はシールドに収納でき、スピアは背負うことが出来ます。
マントは3パーツ可動式。以前はマニュアルの一部を切り抜いて
マント紙にしたり、布製だったりしましたね。あの工夫も好きでした。



バッシュザブラックナイトッぽいポーズ

モーターヘッドっぽいポーズ

鎧の置物っぽいポーズ

マスター!ベイルアタック行きます!のポーズ


ケンタウロス

ナイスガイ


男の背中

最前線君



BB戦士はやっぱり楽しいです。
レジェンドシリーズは武者ガンダムもあるから
みんなもチャレンジだ!
[PR]
by souka_t | 2013-01-09 07:59 | いと模型もおかし | Comments(0)
<< シェイキーズ 【同人制作】れーすふぉーざウサ... >>