【ボードゲーム】ハゲタカのえじき


年末年始にかけてようやく対人の機会に恵まれ、
その中でもっとも回ったのがコレ。

ルールは、1から15までのカードを持って
1枚づつ一斉に出すだけ。数値が高い人が点数ゲット。
典型的なバッティングゲームで、
1988年にドイツゲーム大賞を得ている。

とても洗練されたゲームだ。
2人でやるとちょっと盛り上がりに欠けるが、
3人以上でプレイする時に起こる
バッティングでは、場が大いに沸く。
特にデカイ得点の獲得を競う際に、
高めの数値のカードで争う横で、
低値の捨てカードでそれを獲得してしまった時の
棚から牡丹餅感というべきか、してやったり感か、
その瞬間が最高だ。

簡単に始められて、スペースもさほど必要なく、
1ゲーム数分で終わる超絶軽めのゲームというのもポイントが高い。
ちょっとした集まりでサッとこういうゲームを出せるとステキだろう。

オススメというよりか一家に一つレベル。
[PR]
by souka_t | 2013-01-04 11:03 | ボードゲーム | Comments(5)
Commented by ハマのエロ at 2013-01-06 05:02 x
ハゲタカは実に良いね
ハゲタカGET後に波に乗った時の充実感と
してやられた時の喪失感がヤバイね
家にもひとつ欲しいと思わされるほどに良く
できたゲームだと思った

今年もヨロシクね
Commented by souka_t at 2013-01-06 08:58
10点の時のバッティングはやべーなー。
まぢざわつくわー。

ハゲタカ、横浜のヨドバシでも確認したから気が向いたら抑えて。
新版はフラット缶ケースになっててさらにスマートだよ。

ことよろー
Commented by Jordan 09 shoes at 2013-03-06 06:17 x
Interesting site.
Commented by Jordan 7 shoes at 2013-03-06 06:25 x
JUST AWESOME!!!!!!Gr888 Job
Commented by Ferrari puma sh at 2013-03-06 06:26 x
This is the best article I have read, thank you, I have learned a lot of knowledge in this area.
<< 【文学】ファウンデーションと地... 【同人制作】乾隆後宮 試作2 >>