【ボードゲーム】パンゲアの征服 ソロ回し感想


GMの中古ブースで拾い上げてきた、
パンゲアの征服をソロ回し。 今回は1人2役。


まずセットアップ。
カードで指定された大陸に、自分のコマと地形を配置して行く。
この時から既に戦いが始まっていて、できうるかぎり隣接した領地の
獲得を図る。 3つ並んだ領地からは後に自勢力のリーダーコマが誕生する。




プレイ。
手番になると、5コストを表すパワーストーンを毎回受け取る。
これらはその場使い切りで、次へ持ち越したりはできない。
基本的にパワーストーン5コストに加えて、カードの効果による追加コストを使用して、
自領地の成長・拡張・侵略を行う。
この時にリーダーコマを使用すれば、容易に領地の成長を行えたり、
侵略による戦闘を有利に進めることができる。
手番の最後はタイムカードを引き、強制イベントを実行。
大抵は大陸のどこかでコマが消滅するというもの。
そしてタイムカードには時間の経過数が記されていて、
25に達するごとに大陸が地殻変動を起こし分裂していく。

全ての大陸が分裂したらゲーム終了。


さて、ここまでのルールを理解するのにかなり時間が掛かった。
実際回した印象としては、
「ダイスの代わりにカードがあって地形にギミックがあるRISK」 だ。
勝利を目指す方法がひたすら領土取りを行うための侵略なので、
極めて直接攻撃的、確実に好みが分かれる。
そして、随所にあるアメゲー臭がたまらない。
カードの扱い方がマジックザギャザリングの遺伝子で満ちいてる。
それでいて、タイムカードによる終了トリガーは上手く作用していて、
ギリドイツゲームっぽい収束性がある。
なんとも奇妙なキメラを見た気分になった。

対人は結構面白そうなのだけど、
上手くインストできる自信が無いな~。
サマリー作るかー。
「直接攻撃が無いとつまらん」とかドヤ顔で言い出す輩を
イスに縛り付けてこのゲームをやらせたいねッ!
インストとセットアップ込みで楽しい3時間コースにきっと涙することだろう。
[PR]
by souka_t | 2012-12-19 07:32 | ボードゲーム | Comments(0)
<< 【同人制作】ポスターをこしらえた 【ボードゲーム】王と枢機卿カー... >>