【ボードゲーム】ムーミンボードゲーム ニョロニョロフェスタ・ソロ回し感想

高山南さんがムーミン役をやってた
楽しいムーミン一家が大好きでした。
それならもう買うっきゃないっしょコレ、
ってことで、GMの中古ブースにてワンコインで購入。

まずは中身の確認から。








ニョロニョロのプラスチックフィギュアが山盛りの、
ムーミンのレギュラーキャラ群の打ち抜きコマ。
そしてダイスと3種類のカード束に、星型のケースまで付属。

結構豪勢だぞ。


早速1ゲーム回す。
マイフェイバリットキャラのヘムレンさんと
ミーとスニフの3役。

基本的にやることは
ダイスを振ってコマを動かすだけだが、
こう書くとスゴロクの印象が強いと思われるだろう。
そいつは大間違いで、
ムーミン谷エリアに入り、ニョロニョロの捕縛要素が加わって
からがメイン。ニョロニョロはカードと交換し得点化するが、
たくさん取ればいいというものではなく、多く取り過ぎると
逆に得点化する時に博打を強いる。なのでニョロニョロを
ダイスで動かす際に、相手に押し付けるという確率変動を見越した
戦術が展開される。これが意外と熱い。

スゴロク的なのは得点化の後にムーミン谷から出て
再度ムーミン谷に入るまでのロスタイム的な部分と、
最後のボーナスを手にするためのレース部分。

3コマで程よくニョロニョロの押し付け合いが発生したため、
適正人数は3人以上かと思われる。
終了トリガーとなっている得点カードが少なめなため、
6人では逆に多いかもしれない。
4~5人でやってみたい。




前半は欲張りすぎて得点化に失敗したミー、
大量のニョロニョロを博打でカードに変換成功したヘムレン、
手堅くそこそこの換算を繰り返したスニフ。
それぞれの持ち味を出し切ったプレイであったが、
ヘムレンは得点カードとラストのボーナスカードがマイナス点ばかりで7点
スニフは最後まで手堅く、ラストレースも2位で27点、
強欲を見せ得点化の機会が少なかったが、そのカード全てが高得点のミーは37点。

ミーが逆転した。


1回まわしただけだが、見事にこのゲームの逆転要素を搾り出した。
結構面白いと思う。 人とやってみたい。

ネット通販でとんでもなく安値で売られてる(2012年11月現在)ので、
ムーミン好きはマストバイ。ルールはクソ簡単なのでキッズ向けでもある。
ごうつくばりを自爆させる快感を味わってくれ!
[PR]
by souka_t | 2012-11-28 08:08 | ボードゲーム | Comments(0)
<< 【同人制作】ラウンドテーブル用に増産 【同人制作】奥義伝承自前通販開始 >>