【ボードゲーム】10/27ボ宅会


久々の自宅でボ会。
「とりあえずボードゲームといえば鍋しかないだろ」
ということで、恒例のヤマカストアで材料を調達。
今回はむぎん氏の魚リクエストにより初の魚鍋に挑戦し、
前回のトリガラ鍋以上にヘルシーな鍋となりました。

秋冬は魚が美味い。
16歳ともなると胃に優しい魚の良さが身に染みる。
大根と白菜に豆腐とシメジ、具のいずれも秋冬らしい
淡い色をしているではありませんか。
嵐のGM前に風流な食卓が演じられました。

以下プレイしたゲーム。




■キャッシュ&ガンズ 潜入捜査官ルール

5人とか集まる機会がなかなか無いため、
1年ぶりぐらいに回した! 久々の潜入捜査官ルールです。
今回も樹脂製の銃からエアガンに持ち替えての悪乗りプレイ。
プレイヤーは弾カードを決めて他プレーヤーに銃口を向けるだけ
とい単純明快なプレイングながら、この比類なきゴッコ感。
元生を囲ってピストルが交差するというこの絵面はなかなかありません。
ショーナンイチオシのバカゲーです!
りっちゃんのリクエストにより2プレイも回りました!


■アンダーカバー2

ゲットマン持参の正体隠匿ゲーム。
常にお互いのコマ操作を観察し、ゲーム終盤に
誰が何色のコマを勝たせようとしているのかを推理する。
最終的に誰かが規定数以上の点を獲得したら勝利となる。
はじめは雲を掴む感じですが、次第に各々のクセが見えてきたり、
マイナスマスを使った晒し上げ方法などで可能性が絞られてきます。
基本ルール1回とカードを加えたルールの2回プレイしましたが、
これはなかなかどうして、一挙一動が見逃せない常に熱いゲームでした。
ザ・心理戦って感じですね。
ルールも簡単で初心者にも安心して出せる一品ながら、
ドイツ辺りでこういうのを喜々としてキッズ達も遊んでると思うと、
なんとも末恐ろしい。いやがおうにも勘の鋭い人間になりますわ。

むぎん氏いわく「君は二つ目で動かすクセがある」



■イントリーゲ

キングレオ・ごきぶりポーカーに続くショーナン会三大恒例ゲームに
数えるかどうか絶賛審議中の一品。
それぞれ給料が異なる4つの施設を持ち、自分の学者達を
他の施設に就職させるゲーム。交渉は自由で最終的にお金が一番多い人が勝利。
今までに
「こちらでも破格の待遇をご用意しましょう」
「手付金として一枚・・・」
「何も言わず察していただきたい」
など数々の名言が生まれてはプレイングの際に交渉テンプレ化したが、
今回はえーおーあいの初期に5千円をバラ撒き独特の交渉足掛かりとする
戦法を、いお氏が「五千円おじさん」と命名。
なにか犯罪臭を漂わせながらお年玉をくれるあやしいおじさんを
ほうふつとさせるネーミングセンスは、さくらももこ先生に通じるものがあります!



■ウッドマン

夜通しプレイする中、精神力を使うゲームが続いたため軽く
お疲れモード。ここはひとつ何も考えずバトルアクスをぶんまわす
ドワーフになって朝を迎えるか、ということでバランスゲームの
傑作ウッドマン。


あまりの上手さゆえにイエサブで密かに開かれる闇のウッドマン会
で出禁を食らったと噂されるゲットマンは相変わらず容赦のない叩きっぷり。
ゲットマンはウッドマンやるために生まれてきたんじゃないかな。


ベスト記録は5個の丸太を残して終了。
途中から何点取るよりもいくつ丸太を残して丸裸にするかという
ゲームになってたりなかったり。



会解散後、
テストプレイで出たカードレイアウトの課題をいち早く消化する中、
横でゲットマン爆睡。 午後になって起きたので
レースフォーザギャラクシーを3回す。
今一歩このSF感の魅力は伝わらなかったが、初のインストで
ゲームルールの8割は伝わって満足。 ちょっとインスト慣れてきたよ!


お次は今回のテストプレイ。
こっちがメイン


かえるくん(仮) 作/いお

かえるが池を一周するまでに、カードバッティングによる
仁義なきシマ争いが展開されるゲーム。
ダイスを転がしカードを出し合いチップが点数マスに置かれる、
こいつぁギャンブルのニオイがプンプンするぜッ という意見も
納得のゲーム展開。
しかし、和テイストな画が入れば松尾芭蕉の句が合うぐらいの
小粋なものになりそう。
こう何と言うか、かえるが池を一周する短い間に
世の中ではあちこちで争いが起きているんだな、と。
世俗に関しないかえるにしてみればそれも池を飛び回る
ことのようなものなのです。

思惑が超重なってほぼ全編に渡ってバッティングしてワロタ。
面白い!



やどかり(仮) 作/いお

円陣に並べられたヤドカリの宿に、
12面体のダイスのヤドカリが住み着くゲーム。
成長するダイスヤドカリが次々と身の丈に合う宿に移動するため、
自分の物件をズラしたり他と交換したり点化したりと
場をいぢくりまわすトリッキーな展開が面白い。
点数の天井設定も上手く、長過ぎず短過ぎず1ゲームが終わるため、
リプレイ性も高い。星型チップもファンシーで、完成後には
よりカワイイゲームになってるのでは予感させます。



SPECIES-jungle- 作/むぎん

裏返しのカードをジャングルと見立て、
そこへ密猟バギーのコマが縦横無尽に突っ走り、
新種の動物を次々に発見していくゲーム。
基本は神経衰弱であるものの、カード配置記憶の他にも
相手の動向にも気を配らなくてはならないため、
勝つとなると難しい。相当な記憶力と集中力を要する。
めくるためのバギー移動もほんのりダイスが絡み
ままならないところもイヤラシイッ。
この模索感はまさにジャングル探検隊でした。



他、私のウサギの儀式もテストプレイしていただきました。
本当にありがとうございました!
[PR]
by souka_t | 2012-10-31 21:39 | ボードゲーム | Comments(2)
Commented by mugin at 2012-11-01 00:46 x
ありあとあしたー! 江ノ島含めて楽しかった。今度は海遊びもしたいねえ(釣り人が気になった)。
普段やらないテイストのゲームをやって、良い刺激になった。久々のオールで、終盤バテ気味だったのが悔やまれる。
今回はやらなかったけど、ランカスターでも、ヴィレッジでも、いつでも付き合うぜ!

イントリーゲは間違いなく歴史に残るゲーム。パク……オマージュゲームを作りたいと思う。

ウサギの新レイアウト見たよ。遊びやすくなっていそうだ。
Commented by souka_t at 2012-11-01 07:46
釣りいいですね! 漁師の町にいながら全く未経験だったりするんですが、最近ちょっとやってみたいと思ってました。
オールほんとにお疲れさんした、
元々電源ゲーマーの受け皿的な会合を繰り返していたため、
ああいった感じのちょっと変わった体験ができるゲーム
ばかり手持ちが増えました。お楽しみいただけて良かったです!
ランカスターとヴィレッジぜひぜひ今度お付き合い下さい。
ワレスゲーとかもがんがんやりたいです、
リベルテとかリベルテとかリベルテとか数エーカーの雪も(もってないけど!)

イントリーゲもお気に召してくれて良かったです。
アレはアレでアレなゲームなのでアレされたらどうしようかな
とアレな心配が尽きないアレなゲームです。
パク・・・オマージュゲー楽しみにしてます!

ウサギのレイアウト超参考になりました。
4人集まらなかったら見送り確定だったので、
ホントに助かりました。今度1個贈らせていただきます。













<< 【同人制作】ウサギの儀式 量産 2012年 月曜更新第四十四回 >>