【ゲーム】幻想三国志 第二回


幻想三国志リプレイ第二回。

前回に徐庶先生の魔法で飛ばされた山を歩いていると
天若宮という集団に囲まれる、
戦闘に突入しボコボコにされてもはやこれまでか
と思った時、寧生門徒という方々が援軍に登場!
凄まじい弓矢の支援攻撃により天若宮の一団を殲滅す。
どうやら天若宮と寧生は敵対勢力らしい、そのあたりの詳細は語られず
すぐさま次の展開へー


下山すると襄陽城に到着。
城内に入ると突然弟の伯雅が倒れこみ、宿に運ぶ。
どうしたものかと思案していると
これまた唐突に姉の師匠 雷卞 が現われ、弟の気脈を通し
姉に新技も伝授。 この師匠の登場の唐突さが武侠モノというか金傭っぽくていいなぁ。
安静にしている弟を放置し城内へ情報収集に行く。


襄陽と言えば、三国志演義の中でも有名な地名。
中原のやや南に位置する江南との境・荊州の都市の1つ、
劉備が曹操に追われ劉表を頼って訪れた場所としても有名か。



襄陽で情報を収集していると、どうやら武術大会が開かれるとの情報を得る、
城内にある民家にて謎の老人と話すも会話に成らず、しかたなく弟の
様子を見に宿へ戻と、弟が謎の夢を見るシーンへ…大量に兵士の死骸の前で
娘を刺し殺す伯雅、 現段階では意味不明。たぶんデカイ伏線。


体調が回復した弟・伯雅を伴い再び老人の所へ、弟の活躍で口を開かせるに至るも
情報は手に入らず 仕方なく退室。
気が立つ姉・羽鳳いわく「わたしが歯を砕いてやろうかしら」
姉上は過激だ。

城内で老人についての情報を収集し再度チャレンジ、やっとこさ水鏡先生についての
話しが聞けるも、随分昔の情報だった様子。

しぶしぶ城内散策に戻ると 武術大会 が始まっていた!
貂芝 とか言う娘と二枚目な男が対決中だった様子。
貂芝の強烈な弓矢の一撃が男をとらえる瞬間 、伯雅が止めに入る!
なにやらアツイ展開。
そのまま貂芝と弟がファイトする事に…どういう訳か勝ったら貂芝を嫁に
もらうという話しに発展! 比武商身だったのかっ!!?
急展開に驚きつつもタイマンバトルに突入。
貂芝は一撃一撃が小味なのでガチで斬り合ってほどなく勝利。
観客がひやかす中、貂芝は顔を真っ赤にして逃げてしまう。
舞台にいきなり上がり込んだ伯雅としてはどうしたものかと手をこまねく中、
新たな挑戦者登場! 燕起と名乗る強そうな男が伯雅に挑む!!

燕起「疲労しているおまえに勝てるのは当然 休んでくるがいい」

おまえ ルビカンテ(注;1)かっ!!

ここでセーブ。
疾風怒濤の次回を待て! 


ちなみにスクリーンショットは劉表軍の都督・蔡帽、おそらく次回に本登場


注1: ファイナルファンタジー4に登場する四天王のリーダー格。
    戦闘前にHPを回復してくれるという粋な敵。 意外といいやつなのかもしれない
[PR]
by souka_t | 2005-02-18 12:17 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(2)
Commented by モーリス at 2005-02-19 00:06 x
蔡帽と申しますと・・・ 何か狡賢い悪役を連想します。(個人的に)
曹操軍の人材には 惚れ惚れします。 劉備派なのですが (笑)
三国志をプレイする時は 新君主で姑息な戦いで 相手の人材を
引き抜きます(捕虜) 軍師に諸孔明 郭嘉 将軍に 夏侯惇 趙雲
張遼 典韋 太史慈などを揃え ほぅっとするのが好きです。

PS 夏候惇は・・・・ギロロ伍長みたいで好き (イメージ的に)


Commented by souka_t at 2005-02-19 16:30
劉備を追いやろうとしたり、荊州を曹操に売ろうとしたり
三国志演技じゃトンデモナイ悪キャラですよねー 蔡帽。
漫画・蒼天航路を見るたびに曹操陣営の人材の魅力に引き付けられます、 といいつつもわたしは呉派だったり。 3代で着実に力を付けて行くところがドラマ性があって好きです孫家。

光栄の三国志Ⅱあたりで引き抜きは定番中の定番でしたっ
1ターン目 大史慈抜きはもう絶対、 最近のは隣接国とか
地域ごととかに登用範囲が狭まってちとガッカリです。

読みがトンかジュンか そこが問題!夏候惇
<< 【イベント】GB+DS通信交流会 【ゲーム】GBA版 はじめの一歩 >>