ピザを作る日 5

8月17日といえば、1854年にネブラスカで起きた悪名高い
グラッタンの虐殺の日です。
グラッタンと言えばピッツァです。共にイタリアンではありませんか。
もはや強引な流れではありますが、ショーナンさんもピザ作りなのです。


カレー粉を少し多めに混ぜたら
なぜか赤くなった。
写真で見るとまるで生肉だ。


盛り付け開始。
今回はここに一工夫入れるぜっ


ハートキャッチプリキュアの再放送を見て
思いついた、花のつぼみ型に生地を包み込む。

ちょっとカラーリングがグロテスクなので、
花と言うより、テッカマンブレードのラダム獣。
見てくれが悪くても仮面の下の涙を拭え。


オーブンにイン。
形を維持するためには固めがよかろうと12分にセット。

待ち時間は最近マイブームの古典海外SFを読み進める。
ホーガンもハミルトンも良かったけれど、アシモフもパネぇな。
最近はアニメもラジオも消化率激減してSF。
自分の中でいろいろとSFの定義が変わってきたので、
SFとして好きだったエヴァもあんまし楽しみじゃなくなってきたな。
エヴァQよりゴティックメードが楽しみな訳だが、上映館少な過ぎだろう。



こんがりだ。
目論見どおりチューリップ型に焼きあがった。
中にはチーズやらトマトケチャップがトロットロッな訳だ。
こいつはかぶりつくしかねえっ


かぶりつき難い。
食べ辛いという基本的な大失敗を犯す。
ふむ、やはりピザが平べったいのにはそれなりの理由あればこそか。
私が一日中に思いつくような浅知恵は過去の誰かが試した失敗
だったのだろう。ハリ・セルダンもびっくりな失敗に終わった。

40点ってところだ。
アバンギャルド過ぎたな。反省したい。
[PR]
by souka_t | 2012-08-18 09:34 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
<< ピザを作る日 6 ピザを作る日 4 >>